沖縄県のサーターアンダギーが日本で一番美味しい理由!|沖縄県 お土産・名物

沖縄県のサーターアンダギーが日本で一番美味しい理由!|沖縄県 お土産・名物

皆さん、沖縄県の名物「サーターアンダギー」をご存知でしょうか?

「サーターアンダギー」は、沖縄県民が昔から愛しているお菓子。小麦粉、卵、砂糖を混ぜて、ボール状にしたものを油で揚げただけの、大変シンプルなお菓子です。揚げたてはとくに美味で、外がサクサク、中がホクホク。ドーナツにサクサク感を足した沖縄県が誇るお菓子です。

今では日本全国でよく見るようになりましたが、やはり沖縄県の現地ではひと味もふた味も違うと言われています。2週間ほど日持ちすることから、お土産としてもちろん、楽天やAmazonなどの通販でも購入できます。そこで今回は沖縄県の名物「サーターアンダギー」の魅力を紹介します。

またバトクエでは、沖縄県のお土産や名物のアンケート・ランキングを取っています!もしよければあなたの好きなお土産や名物を教えてください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

沖縄県の名物「サーターアンダギー」が、沖縄県の方が美味しい理由!

沖縄県の名物「サーターアンダギー」

沖縄県の名物「サーターアンダギー」は、黒糖が使われていることが多い!

沖縄県の名物「サーターアンダギー」の原材料は、小麦粉、卵、砂糖です。日本の各地で作られる「サーターアンダギー」は白糖を使うことがほとんどです。

しかし沖縄県の「サーターアンダギー」は、よく黒糖を使います。黒糖を使うことで、コクが増し、深い甘さを感じることができます。

さらに、沖縄県は黒糖の名産地。特に「波照間島の黒糖」や「久米島産の黒糖」は日本最高級品です。そういった原材料が美味しいことも、沖縄県で作られる「サーターアンダギー」が美味しくなる秘密の一つと言えるでしょう。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」を売っているお店の生存競争が激しい!

「サーターアンダギー」は、沖縄県でもかなり有名な名物です。知名度が高く、観光客の多くが訪れた際に一度は食べようとします。沖縄県の「サーターアンダギー」を購入できるお店は数多く存在しますが、人気店が生き残りそうでないお店は淘汰されていきます。そのためお店の生存競争は激しく、必然的に美味しいお店が残り「サーターアンダギー」の味のレベルが高くなります。

沖縄県では、工場で袋詰めされたサーターアンダギーがスーパーなどでも売られていますが、やはり有名店で購入することがおすすめです。レベルの違う沖縄県の名物「サーターアンダギー」を味わうことができるでしょう。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」は、種類が豊富!

沖縄県の店頭では、かぼちゃ味や紅芋味などのバリエーションも存在します。どれも美味しいのでいろいろ試してみてはいかがでしょう。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」のトリビアやおすすめの食べ方!

沖縄県の名物「サーターアンダギー」

沖縄県の名物「サーターアンダギー」は、揚げたて・出来立てが一番!

有名店に行くことがおすすめですが、もう一つ条件を加えるとさらに美味しい「サーターアンダギー」を食べることができます。

それは揚げたての「サーターアンダギー」を食べることです。

有名店で、揚げたてを食べることが、もっとも美味しい「サーターアンダギー」にである秘訣です。

那覇市の平和通りや牧志公設市場などに行くと有名店が多くあり、揚げたて・出来立ての「サーターアンダギー」が売られているので、おすすめです。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」の意味って知っています?

『サーター』とは沖縄県の方言で砂糖、『アンダ』とは油、『アギー』が揚げるの意味。凄くシンプルな料理に、凄くシンプルなネーミング。しかしこのムダを全て排除したシンプルさこそが、逆に沖縄県の名物らしいと言えるでしょう。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」は、保存期間が意外と長い!

「サーターアンダギー」は、意外にボリュームがあります。多くの人が食べきれず、残してしまうこともあるでしょう。

スイーツなので賞味期限が短いと思う方もいるかもしれませんが、賞味期限は1〜2週間もあります。しかも冷凍すると、約1ヶ月の保存が可能です。

購入しすぎた、作りすぎた場合も、安心して最後まで楽しむことができることも、沖縄県の名物「サーターアンダギー」の魅力の一つです。

もし「サーターアンダギー」を数日置いてしまったり、冷凍したものを解凍した場合、オーブントースターで数分温めることをおすすめします。元来のサクサク、ホクホク感が戻ってきて美味しくいただくことができるでしょう。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」の美味しい食べ方!

「サーターアンダギー」は、その適度な甘さと、サクサク・ホクホクとした食感が最大のウリなので、基本的にはそのまま食べることがおすすめです。特に味を壊しにくい沖縄県の名物「さんぴん茶(ジャスミン茶)と」とのセットがおすすめです。もちろん紅茶やコーヒーとも美味しくいただけます。

また、チョコレートソースや生クリームをトッピングしてみても、また違ったスイーツとして楽しむことができます。さらにクリーム系で言えば、アイスクリームとの相性もバッチリなので、暑い季節にはぜひ試してみてはいかがでしょうか。

沖縄県の名物「サーターアンダギー」

沖縄県の名物「サーターアンダギー」のまとめ

いかがでしたでしょうか。沖縄県の名物「サーターアンダギー」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

「サーターアンダギー」は、沖縄県で揚げたてを店頭で買って食べることが一番おすすめです。外はサクサク、中はホクホクした食感と、黒糖によるコクが増した深い甘さを感じることができるでしょう。もちろん沖縄県でお土産として買うことも、楽天やAmazonの通販で購入することも可能です。気になった方はぜひ試してみてください。

また「サーターアンダギー」を作るためのミックス粉として、「サーターアンダギーミックス」というものがネットでも販売されているため、自分で作って揚げたてを食べてみるのも非常におすすめです。

沖縄県の名物・お土産のアンケート・ランキングの結果を紹介!

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

まだまだ募集中なので、ぜひ沖縄県の名物・お土産のアンケートにご協力ください♪

沖縄のお土産・名物ランキング!あなたのイチオシを教えてください♪のアンケート

ソーキそば

サーターアンダギー

コーレーグースー(島とうがらし)

ちんすこう

さんぴん茶

黒糖・黒蜜

ゴーヤチャンプルー

パイナップル

泡盛

タコライス

ジーマーミ豆腐

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす