【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?人気投票で調査!

【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?人気投票で調査!

ドトールコーヒーは1962年に、コーヒー豆の焙煎加工卸売会社として設立しました。1976年には株式会社へと組織変更。そして私たちに馴染みがあるのが、そのカフェであるドトールコーヒーショップです。

2020年5月末時点では、全国に1,091店舗を構えるチェーン店へと成長しています。駅前で見かけることが多いドトールコーヒーは、老若男女に親しまれる日本のカフェ代表ともいえます。

今回バトクエでは、ドトールコーヒーの特徴や魅力をご紹介し、最後に『【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【ドトールコーヒー】の特徴・魅力

海外チェーン店のコーヒーショップが人気を連ねるなか、日本発のコーヒーショップとして人気を誇るドトールコーヒー。

ここではそんなドトールコーヒーの特徴や魅力について、お伝えしていきます。

ドトールコーヒーの特徴

ドトールコーヒーには「ドトール、のち、はれやか。」というブランドスローガンがあります。

ドトールコーヒーショップを経由したお客様に晴れやかな気分になってほしいという想いを込めて、接客サービスの向上や店舗環境のブラッシュアップなどに努めています。

そしてドトールコーヒーの特徴は、何といっても低価格帯であること。コーヒーは1杯220円(税抜)から。そしてサンドウィッチなどのフードと合わせても700円ほどです。

カフェのコーヒーは高くて頻繁に通うには敷居が高く感じますが、ドトールコーヒーは誰もが親しみやすいカジュアルさを、価格からも体現しています。

ドトールコーヒーの魅力

低価格でコーヒーやその他ドリンク、フードを楽しめるのも魅力の1つ。それだけでなく、コーヒーショップとしての新鮮なコーヒーへのこだわりも、もちろん魅力といえます。完全受注生産システムにより、工場での豆の作り置きはせずに、週3日で新しい豆に取り替えます。そのため常に新鮮で酸味が少なく旨味のあるコーヒーが楽しめるのです。

さらにユーザーを飽きさせない季節の商品も魅力。

ドリンクだけでなくフードやスイーツも季節に合わせて新商品が続々と登場します。 また若者に人気のタピオカも取り入れており、「タピオカ専門店に劣らず美味しい」と話題にもなりましたね。

【ドトールコーヒー】は好き嫌いが分かれる?

日本発のコーヒーショップとして40年愛されているドトールコーヒですが、その好き嫌いは分かれるのでしょうか?

ここでは好きな人と嫌いな人の意見や口コミを挙げていきます。

ドトールが好きな人の意見・口コミ

ではドトールが好きな人の意見や口コミをみていきましょう。

  • 値段が手頃で嬉しい
  • フードやケーキのコスパが良い
  • 一人でも入りやすい雰囲気
  • カジュアルさがちょうど良くて、心地よい

やはり価格帯やお店のカジュアルさが、大きな人気の理由の1つですね。最近では改装された店舗も多く、より洗練された外観になり、店内の居心地の良さもさらに向上しています。

ドトールが嫌いな人の意見・口コミ

一方でドトールが嫌いな人の意見や口コミもみていきましょう。

  • 低価格なので、外でコーヒーを飲む特別感がない
  • コンビニで良いと思ってしまう
  • フードメニューの充実度が低い、自宅で作れそうなメニューが多い

低価格な魅力は、一方ではデメリットにもなり得ることがわかりました。外でコーヒーを飲む特別感を味わいたい方にとっては、少々カジュアルすぎるそうですね。

ドトールの代表メニューを価格と一緒にご紹介

定番ドリンク

ドリンクの種類は豊富で、ソイやカフェインレスのメニューも取り揃えています。

定番のブレンドコーヒーやホットティーは税抜220円〜、アイスカフェラテは税抜270円〜と他のコーヒーショップに比べてもかなりの低価格帯です。

そのほかにもアレンジ商品や季節の商品、そしてトレンドであるタピオカも楽しめます。

ミラノサンド

ドトールコーヒーの定番フードメニューといえば、ミラノサンドです。 コーヒーショップのフードは少々高いイメージがありますが、ミラノサンドは税抜440円〜。ドリンクと一緒に頼んでも、最安で700円ほどです。

具がたっぷりのミラノサンドはその食べ応えも満足度が高く、シーズンによってアレンジメニューがのが出るのも嬉しいポイントです。

ちょっと食事をとりたい時や、女性の方に人気の定番フードメニューといえます。

【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?人気投票で調査! まとめ

低価格なカジュアルさが特徴でもあり魅力のドトールコーヒー。時間を潰したり、小腹が空いたり、ちょっと休憩したい時などについ入店してしまうのがドトールコーヒーです。駅前の立地にあることが多いのも、その理由の1つといえます。

40年親しまれ続けているドトールコーヒーの人気は、今後も途切れることはないでしょう。ぜひ気軽にコーヒーやドリンク、フードなどをドトールコーヒーで楽しんでください。

「【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【ドトールコーヒー】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす