【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?ゴーヤを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!

【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?ゴーヤを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!

チャンプルーなど沖縄料理を中心に、夏野菜として親しまれている「ゴーヤ(ニガウリ)」。栄養価豊富で、夏バテ対策としても積極的に食べたい野菜です。

「お酒に合う!」「独特の苦味が美味しい!」と好んで食べる方がいる中、「苦くて嫌い」「青臭くてまずい」など、苦手な方も多くいるようです。

今回バトクエでは、ゴーヤ(ニガウリ)の特徴や魅力をご紹介し、最後に『【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【ゴーヤ(ニガウリ)】の特徴・魅力

【ゴーヤ(ニガウリ)】の特徴・魅力

「ゴーヤ(ニガウリ)」は、ゴツゴツしたイボに覆われたウリ科の食用で、果実部分を食用としている野菜です。和名は「ツルレイシ」ですが、一般的に「ゴーヤ」「ニガウリ」と呼ばれます。

果実の中には、カボチャのように、ワタに包まれた種が入っています。取り除いて食べることが多いですが、ワタの部分取らずにを調理して食べることもできます。

ゴーヤの一番の特徴は、独特な苦味。この苦味タンパク質に健胃効果があり、栄養価も豊富なため、夏バテ対策ができる夏野菜としても親しまれています。

沖縄料理ブームや、2001年に放送されたNHKの連続ドラマ『ちゅらさん』に登場したキャラクター「ゴーヤーマン」により、広く「ゴーヤー」の名が広まったと言われています。

【ゴーヤ(ニガウリ)】が使われる料理

【ゴーヤ(ニガウリ)】が使われる料理

「ゴーヤ(ニガウリ)」は、主に沖縄料理の食材として、幅広い料理に活用されています。

  • ゴーヤが使われる料理
  • チャンプルー (炒め物)
  • サラダ
  • 天ぷら・チップス
  • おひたし・和え物
  • 肉詰め
  • 佃煮

豚肉・鶏肉や豆腐、卵などと一緒に炒めるゴーヤチャンプルーは、家庭でも定番のゴーヤ料理です。

沖縄を中心とした日本だけでなく、中華料理や台湾料理、ベトナム料理など、東アジア〜東南アジアでも親しまれている食材です。

【ゴーヤ(ニガウリ)】の主な加工食品

栄養豊富な「ゴーヤ(ニガウリ)」は、乾燥させ粉末にし、お茶や青汁、野菜ジュースなどに加工されています。

カボチャやレンコンなどのように、チップスとしても加工・販売されています。

食料品以外にも、サプリメントやボディクリームなど、美容・健康アイテムを中心に幅広く活用されています。

ゴーヤ(ニガウリ)は栄養価抜群!【ゴーヤ(ニガウリ)】に含まれる栄養素と効能

「ゴーヤ(ニガウリ)」は、サプリメントや青汁に活用されるくらい、栄養価抜群の夏野菜です。

  • ゴーヤに多く含まれる主な栄養素
  • リノレン酸
  • ビタミンC
  • 苦味タンパク質(モモルディシン)
  • カリウム

ゴーヤのビタミンCは、他の野菜と比べても圧倒的。きゅうりやトマトの5倍以上ものビタミンCが含まれている上、加熱しても壊れにくいのが特徴です。

苦味タンパク質のひとつ「モモルディシン」は、食欲増進、胃腸粘膜保護、神経に作用する効果があるとされています。まさに夏バテ対策にぴったりの食材です。

【ゴーヤ(ニガウリ)】は好き嫌いが分かれる?

【ゴーヤ(ニガウリ)】は好き嫌いが分かれる?

苦味のある食材や沖縄料理が好きな方にとっては、欠かせない食材である「ゴーヤ」。栄養価豊富な夏野菜として、夏の食卓に必ず取り入れている方も多いようです。

しかし「ゴーヤ(ニガウリ)」は、その呼び名の通り、独特の苦味が一番の特徴です。また、ピーマンなどと同じように、ウリ科独特の青臭さもあります。

数ある野菜の中でも、かなり激しく好き嫌いが分かれる食材です。

【ゴーヤ(ニガウリ)】には「美味しくない / まずい」という口コミも…

「ゴーヤ(ニガウリ)」は、「あの苦味がお酒に合う!」「栄養抜群で美味しい!」と根強いファンがいる一方、「美味しくない / まずい」と思う方も多いようです。

ゴーヤが苦手・嫌いな方からは、

  • 舌をえぐられるような苦味がまずい、絶対に食べられない
  • においが青臭くて美味しくない
  • ゴツゴツでこぼこした見た目が気持ち悪い

など、「美味しくない / まずい」「見た目が気持ち悪い」など、厳しい口コミが寄せられています。

【ゴーヤ(ニガウリ)】はどうして好き嫌いが分かれるのか?

「ゴーヤ嫌い」の一番の原因は、ゴーヤ独特の苦味です。ゴーヤは主に「モモルディシン」と呼ばれる苦味タンパク質により、特有の苦味があります。

また、ピーマンなどと同じような青臭さが苦手な方も多いようです。苦いのは平気だけれど、臭いのが苦手!という意見も。

また、独特のゴツゴツした見た目や、中のワタ部分が「気持ち悪い」という口コミも寄せられていました。特に集合恐怖症の方にとっては、生理的に受け付けない見た目のようです。

【ゴーヤ(ニガウリ)】嫌いを克服するには?

【ゴーヤ(ニガウリ)】嫌いを克服するには?

「ゴーヤ嫌い」を克服するためには、ゴーヤの特に苦手なポイントを見極め、解消してあげるのがおすすめです。

特に「苦味」「青臭さ」「見た目」の3点に絞って、「ゴーヤ嫌い」の克服につながるおすすめ商品・食べ方を紹介します!

フタバ種苗 沖縄 あばしゴーヤー (苦瓜) 種・小袋詰(10ml)

ゴーヤの苦味が苦手な方は、苦味の少ない「あばしゴーヤ」という品種がおすすめ。ゴーヤは栽培が難しくなく、緑のカーテンにもなるので、自家栽培にも向いています!

ゴーヤの苦味は、表面の皮の近くに特に多く集まっています。塩でよく揉んで塩水に漬けておくと、かなり苦味を軽減させることができますよ。

ケーアイフーズ ゴーヤチップス 100g×5袋

ケーアイフーズ ゴーヤチップス 100g×5袋

ゴーヤの青臭さが苦手な方は、ゴーヤチップスに挑戦してみてください!苦味は少々残りますが、油で揚げることで青臭さはほとんど感じなくなります。

サクサクな食感で、ヘルシーおやつやおつまみにもぴったりです。薄くスライスして揚げることで、家でも手軽に作ることができますよ。

沖縄県産まるごとゴーヤージュース 1L

沖縄県産まるごとゴーヤージュース 1L

ゴーヤのゴツゴツした表面や、ワタの見た目が苦手な方は、見た目が分からないジュースなら苦手を克服できるかもしれません!

種子・ワタ入りの丸ごとジュースなら、栄養価も抜群。苦味が抑えられているので、味が苦手な方にもおすすめです。ジュースなどで割るのも、飲みやすくおすすめです。

「【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?「ゴーヤ嫌い」の割合を人気アンケートで調査!」まとめ

抜群の栄養価で、夏バテ対策にぴったりの「ゴーヤ(ニガウリ)」。苦手な方にも、ぜひ食卓に取り入れて欲しい夏野菜です。

一方、独特の苦味や青いにおいが苦手で、なかなか克服できない方も多いよう。特に苦味が苦手な方は、どうしても苦手意識が抜けないようです。

「ゴーヤ大好き!夏は必ず食べる!」いう方も、「どう考えても美味しくない!嫌い!」という方も、ぜひご意見お聞かせくださいね。

「【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【ゴーヤ(ニガウリ)】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす