【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?人気アンケート調査!

【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?人気アンケート調査!

近年ではスマホやアプリサービスの発達により、投資も手軽にできるようになりました。そして仮想通貨やFXは、株式や不動産のような投資よりもはハードルが低く、人気になってきました。

今回バトクエでは、仮想通貨やFXの特徴や違いのご紹介と、最後に『【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?人気アンケート調査!』のアンケート結果を発表します!

【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?のアンケート

仮想通貨

FX

【仮想通貨 vs FX】仮装通貨とは?

「ビットコイン」から始まり数々の億万長者を輩出していることでも知られている仮想通貨。まずは仮想通貨について、その特徴などをお伝えしていきます。

電子データでやりとりされる実在しない通貨

仮想通貨という名の通り、取引は全て電子データでやりとりされているため、実在しない通貨です。そして取引所もインターネット上にのみ存在し、オンラインのみでの取引になります。

そのため国家や銀行のように取引や通貨を管理する主体が存在しないため、通貨の価値は流通量に対する需要と供給で変動します。

電子データの通貨ではありますが、手持ちのビットコインを売却することでその国の法定通貨に換金することが可能です。また仮想通貨の決済に対応している店舗やサイトであれば、そのまま換金することなくショッピングもできます。

仮想通貨の始まりは2008年に提唱されたビットコイン

仮想通貨は2008年に「ナカモト・サトシ」と名乗る人物が論文を提唱したことから始まり、2009年に実用化されました。実は今でも「ナカモト・サトシ」が誰なのかは謎に包まれています。

2009年10月に始まったのは最初の仮想通貨である「ビットコイン」です。当初の仮想通貨のレートは、新規発行や取引処理を行う電気代を元に算出されたといわれています。

仮想通貨の種類

ビットコインから始まり、今ではさまざまな仮想通貨が存在します。主な通貨には、以下のようなものが挙げられます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • NEM
  • LISK など

2020年5月時点では3,000種類を超える仮想通貨が存在しています。国内で購入できるのはそのうちの13種類と限りがありますので、それぞれの流通量や将来性を見極めて購入してみてください。

【仮想通貨 vs FX】FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略称。ではFXについて、その特徴などをお伝えしていきます。

外国為替の取引

FXは外国為替を取引することであり、価格変動による為替差益を狙って利益を出します。基本的な考え方は株式投資などと同じで「安く買い、高く売る」ことがポイントです。

外国為替はその国の情勢や時差によって変動するため、基本的には特定の取引所が存在せず、24時間取引が可能。つまりどの時間であってもどこかの国の取引に参加できるということです。

為替レートは取引会社によって異なるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

日本初のFXは1998年

日本初のFXは、1998年10月にひまわり証券が始めた「マージンFX」です。しかし当時はインターネットが今ほど普及していなかったことから、取引は電話注文という手間のかかる方法でした。また口座開設時の入金額は300万円という条件などからも、ハードルが高い投資方法だったのです。

そのためなかなか人気が出ませんでしたが、2000年代になりインターネットが普及し始めてから、FXの知名度も上がっていきました。

しかしFXの人気に対して法整備が進んでいなかったことから詐欺を働く悪徳業者が増えたことが問題に。金融庁も急いで法整備を行い、2005年にはさまざまなルールが確立し、悪徳業者の浄化に成功しました。

そして今ではレバレッジのルールも安定し、FXの評価も上がってきているのです。

少ない資金で取引ができる

FXは本来預けている資金の最大25倍のレバレッジを利用して取引ができます。つまり自己資金を4万円とした場合には、最大で100万円分の取引ができるということです。

もちろん投資なのでレバレッジはリスクにもなり得ることを押さえ、無理のない取引をすることが大切です。

【仮想通貨 vs FX】それぞれの違い

ここでは仮想通貨とFXの違いについて、3つの観点から解説していきます。

投資対象の違い

仮想通貨は実在しない通貨を取引していることに対し、FXは実在する法定通貨を取引しています。そのため仮想通貨はマーケット独自の価値となり、FXは現実での価値が取引に影響してきます。

通貨の価値が外部要因に左右されるか

上記の観点に付随しますが、通貨の価値が外部要因に左右されるか否かは大きな違いです。

仮想通貨は国や銀行に管理されていない通貨であるため、取引をしている人たちの需要と供給に合わせて価値が変動します。そのため価格変動が激しく、少ない投資額でも億万長者になれる可能性も秘めています。

対してその国の法定通貨を取引するFXでは、その国の経済ニュースや要人の発言などにより価値が変動します。そのため外国為替を所有している場合は、その国の情勢もチェックしておくことが取引において重要なのです。

取引以外での収益チャンスの有無

FXはスワップ金利により、為替取引以外でも収益チャンスがあります。スワップ金利とは高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売った場合に発生する金利調整額ことです。1日数十円単位ですが、これを持ち越すことで持ち越した日数分の収益が獲得できます。

対して仮想通貨には取引以外の収益チャンスはないため、取引のみに集中することになります。

「【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?人気アンケート調査!」まとめ

今回は仮想通貨とFXについてそれぞれの特徴や違いについてご紹介いたしました。投資にはさまざまな手法がありますが、仮想通貨やFXは比較的手軽にできるとして人気の投資です。最近ではアプリなどからも気軽に投資ができるため、投資に興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

また最後に、投資するなら仮想通貨とFXどっち派かのご意見もお聞かせください。

「【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?人気アンケート調査!」の投票結果の発表

【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?のアンケート

仮想通貨

FX

まだまだ募集しています

【仮想通貨 vs FX】投資するならどっち?のアンケート

仮想通貨

FX

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす