【結果 vs 過程】ビジネス・仕事であなたはどっちを重要視する?人気投票

【結果 vs 過程】ビジネス・仕事であなたはどっちを重要視する?人気投票

ビジネス・仕事での成功は「結果」が重要視されます。しかしビジネス・仕事には、結果や形に現れない仕事もあります。

たとえば、研究職。30年にもわたり研究して定年退職したのち、後輩に引き継いで10年後にようやく研究成果として結果が残ることもあります。その研究成果は、30年かけて研究した過程があったからこそ、その後引き継いだ後輩が10年かけて成果に繋げることができたのに、世間・メディアは引き継いだ後輩を成功者として崇めることもあるでしょう。

そう、結果を残せば日本では賞賛される傾向があります。しかし30年かけて研究した過程がもっと注目されても良いと考える人も多くいるでしょう。

そこで今回バトクエでは、ビジネス・仕事で重要とされる『結果』と『過程』について考察し、最後に「あなたはビジネス・仕事で『結果』と『過程』のどっちを重要視しますか?」という人気投票の結果を発表します。

まずは、皆さんの意見を投票をお願いします!

あなたはビジネス・仕事で『結果』と『過程』のどっちを重要視しますか?のアンケート

結果

過程

ビジネス・仕事では、結果を重要視!

ビジネス・仕事では、結果を重要視!

【ビジネス・仕事】過程がだめでも結果がよければ許される!

ビジネス・仕事や勝負の世界では、結局のところ結果で判断されることが多くあります。

どんなに過程がダメでも、結果がよければ、ビジネス・仕事ではほとんどの場合、賞賛されるでしょう。

しかし、どんなに素晴らしい過程を経ても、結果が残せなければ、一定の割合は『意味がない』としてしまう人もいるでしょう。

結果がよければ、最終的に賞賛されることが多いので、結果を重要視する、というのは仕方がありません。

【ビジネス・仕事】結果を残す人は、過程が良いことが多い!

相応の結果には、相応の過程もおのずと伴うはず。従って結果を残す人の多くは、ある一定以上のレベルの過程があることが多いです。

ビジネス・仕事では、過程を重要視!

ビジネス・仕事では、過程を重要視!

【ビジネス・仕事】よい過程が、ある一定確率の結果を残す!

ビジネス・仕事に対して、過程がいい人は、ある一定の確率で結果に繋がります。良い過程がなく結果を残しても、それが続くことはほとんどありません。

どんな結果にせよ、積み重ねてきたよい過程が最終的に結果となって現れることが多くあります。

奇跡の連続の結果より、たとえ失敗が多くても一定割合で結果を残す『過程が良い』人の方が評価されるべきという人は多くいるでしょう。

【ビジネス・仕事】過程が良い人は、会社にプラスになることが多い!

結果を残すために無茶をして周りを敵に回す人より、過程を重視した周りに迷惑をかけないやり方のほうが会社・チームにとっては安心感があることも多くあります。

最終的に結果さえ出ればどんなプロセスでも構わない、というのは間違った考え方と思う人は多くいるでしょう。

またそのように過程が良い人は後輩育成に繋がることも多く、全体的に見れば会社・チームにとってプラスになることが多くあるでしょう。

「【結果 vs 過程】ビジネス・仕事であなたはどっちを重要視する?」まとめ

いかがでしたか?結果を残せば全てを許してもらえることは多くあります。しかし過程が良いと会社・チームにとってプラスに働くことが多くあります。ビジネス・仕事で結果は重要ですが、長い目をみれば過程も重要です。

あなたはどっちを重要視する人ですか?

「あなたはビジネス・仕事で『結果』と『過程』のどっちを重要視しますか?」の人気投票結果発表!

あなたはビジネス・仕事で『結果』と『過程』のどっちを重要視しますか?のアンケート

結果

過程

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

あなたはビジネス・仕事で『結果』と『過程』のどっちを重要視しますか?のアンケート

結果

過程

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす