【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?人気投票!

【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?人気投票!

「『出産』がどれだけの痛みを伴うものか?」の例えとして、「鼻からすいかを出す」とか、「ハンマーで腰を思いっきり叩かれる」など様々な言葉で表現されています。男性からは想像を絶します。通常、母子ともに何の問題もなければ「自然分娩」になりますが、母体側が高血圧になってしまうことや、逆子になって赤ちゃんが危険に陥るときは、医師が判断し「帝王切開」や「吸引分娩」に切り替えることもあります。とはいえ、いずれにせよ強い痛みが伴うため、もし痛くないお産があるとすればそれにこしたことはありません。

そんな分娩方法の中には「無痛分娩」という方法もあることをご存知でしょうか。あくまで痛みを和らげる、という程度のものですが、それに伴うメリットデメリットもあるようです。

そこで今回バトクエでは、出産の分泌方法の無痛分娩方法と、自然分娩方法の特徴を紹介し、最後に「【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?」という人気投票の結果を発表します。

まずは、あなたはどっち派か、投票をお願いします!

【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?のアンケート

無痛分娩派

自然分娩派

出産の分娩は「無痛分娩」派

無痛分娩の特徴

無痛分娩という名前から「全く痛みを感じない出産ができる」というイメージをもってしまいますが、決してそうではありません。

あくまでも「出産時の痛みを和らげてくれる」程度です。

なぜ、完全に痛みを無くすことができないのかというと、陣痛の痛みを残しておかなければ、赤ちゃんを外へ押し出す「りきむ」というタイミングを感じることができなくなってしまうからだそうです。

また無痛分娩は希望する人全員が出来るものではありません。血が止まりにくい体質の方や、出産当日の健康状態により出来ないこともあります。

無痛分娩のメリット!

心臓や肺などに持病を持っている方は、出産時の痛みを和らげてくれることで体への負担が軽くなり、産後の体力回復が自然分娩より圧倒的に早いというメリットが無痛分娩にはあります。

さらに出産する日を前もってある程度スケジューリングできるので(計画出産)、赤ちゃんの誕生日を縁起の良い日に設定できるというメリットもあります。出産日が決められているので、心の準備ができるという点も大きいでしょう。

無痛分娩のデメリット...

ごく稀ではあるのですが、麻酔の後に母体が低血圧や頭痛になることもあります。また重い後遺症になるリスクもわずかながらあります。

さらには陣痛の痛みが和らぐ分、りきむタイミングが難しく、お産が長引くケースがあるので、そうなると母子ともに体力の低下を招き、結果、吸引分娩や帝王切開に切り替わってしまうケースもあります。

また無痛分娩の費用は、病院によって様々だが、自然分娩にプラス10万〜20万かかる場合もあります。

出産の分娩は「自然分娩」派

出産の分娩は「自然分娩」派

自然分娩の特徴

陣痛が来るのを自然に待ち、麻酔や陣痛促進剤、帝王切開や吸引分娩などの医療処置を行わずに分娩することを自然分娩といいます。

自然分娩のメリット!

自然分娩は、家族の立ち合い出産ができることが大きなメリットです。病院によっては立ち合い出産は「自然分娩だけ」と設定している病院も多くあります。

また費用面でも他の出産方法よりも安く済みます。

自然分娩のデメリット!

デメリットとしては、やはり麻酔なしの陣痛なのでかなりの痛みが伴うことでしょう。「りきむ」時にかなりの力を入れてしまうので、産後の疲労感は大きく体力の回復に時間を要してしまいます。

また自然に陣痛がくるのを待つため、いつ産まれてくるのかが予想しづらいことでしょう。赤ちゃん用品の準備を先延ばしにしていると、急に陣痛がきて入院になり産後に慌てて準備、というケースもありえます。

「【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産するなら、どっち派?」まとめ

いかがでしたか?無痛分娩にも自然分娩にもそれぞれメリット・デメリットがあります。母子の健康を考えるのであれば無痛分娩ですが、リスクもあったりします。自然分泌は家族で喜びを分かち合えますが、痛みに耐えたり体力が必要だったりするので、産後の体力回復が必要になったりします。

皆さんは、どっち派でしょうか?

「【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産するなら、どっち派?」の人気投票結果発表!

【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?のアンケート

無痛分娩派

自然分娩派

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【無痛分娩派 vs 自然分娩派】出産の分泌方法は、どっち派?のアンケート

無痛分娩派

自然分娩派

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす