【フェラーリ vs ランボルギーニ】イタリア高級車の人気はどっち?人気投票!

【フェラーリ vs ランボルギーニ】イタリア高級車の人気はどっち?人気投票!

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」は、イタリアに本社を置く高級自動車メーカーで、イタリアだけではなく世界を代表する高級スポーツカーの両雄です。どちらも最高速度や加速能力などで驚愕の高性能を発揮し、富裕層から幅広い人気を誇っています。

『高級車』と呼ばれるだけあり、もちろんお値段も驚愕の超高価格帯で、成功者の証とも言われています。六本木ヒルズなど富裕層が居住するマンションの地下駐車場には、「フェラーリ」と「ランボルギーニ」がずらりと並んでいるとか。

そこで今回バトクエでは、イタリア高級車である「フェラーリ」と「ランボルギーニ」について紹介し、最後に『【フェラーリ vs ランボルギーニ】好きなイタリア高級車はどっち?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見を聞かせてください♪

【フェラーリ vs ランボルギーニ】好きなイタリア高級車はどっち?のアンケート

フェラーリ

ランボルギーニ

【人気のイタリア高級車】フェラーリ 派!

【人気のイタリア高級車】フェラーリ 派!

フェラーリの特徴・歴史

「フェラーリ」は、レーシングドライバーだった「エンツォ・フェラーリ」が1947年にイタリアのモデナで開業した自動車メーカーです。トヨタやBMWのように、さまざまなタイプの自動車を製造するフルラインメーカーとは異なり、「フェラーリ」はスポーツカーのみを製造しています。馬が後ろ足でたったエンブレムを利用することもあり、「跳ね馬」の愛称で知られています。

設立後しばらくは少数受注生産でしたが、「フェラーリ」は1950年代から市販車も製造を開始しました。品質や機能性、そしてデザインで高い評価を獲得したのですが、高価な価格より最初は不振だったようです。

しかし、「ル・マン24時間レース」や「ツール・ド・フランス」といった世界的に有名なレースへ参戦し数々の優勝を飾ります。1950年に初開催された「F1世界選手権(フォーミュラ1)」にも参戦、翌1951年のイギリスグランプリで初勝利を飾りました。ちなみに「フェラーリ」はF1が開催されてから現在まで約70年にも渡り参戦している唯一の自動車メーカー。

こういったレースの活躍によりブランドイメージが向上し、それに伴い市販車の性能も値段に負けないくらい向上し、高級スポーツカーとして人気を博するようになりました。

【フェラーリの魅力 その①】12気筒エンジン

「フェラーリ」の魂とも言える「12気筒エンジン」。創業者の「エンツォ」は次のように公言していたという逸話もあるほどです。

12気筒エンジン以外のストラダーレ(市販車)はフェラーリと呼ばない

12個のピストンが150回/秒で上下し、700馬力以上のパワーを誇ります。「フェラーリ」は市販車でも、最高速が300km/hを超えます。車種によっては350km/hを超えるものも。

『レースに出られる市販車』という「フェラーリ」の車作りの基本理念をそのまま体現しています。クルマ好きであれば一度はフェラーリで300km/hで走ってみたいと夢に描くことでしょう。

【フェラーリの魅力 その②】インテリア・フォルムのデザイン

F1のかっこいいコックピットを彷彿させる「フェラーリ」のインテリア。非日常性を感じるにふさわしく、成功者にふさわしいと言わざるを得ません。またカラーなど自分の好きにアレンジができたりすることも魅力です。

また「フェラーリ」は、見るだけで「フェラーリ」とわかるようにデザインされています。美しい流線型のフォルムを「フェラーリ」の一番とあげる人も少なくはないでしょう。

【フェラーリの魅力 その③】エンジン音

フェラーリのエンジン音は「フェラーリ・サウンド」と呼ばれています。高回転型のエンジンから発せられる官能的なサウンドで、強烈なGを感じる加速とともに唸るエンジン音はあらゆる車好きを魅了します。

フェラーリのモータースポーツでの功績は他の追従を許さない

フェラーリのモータースポーツ

「フェラーリ」は「ル・マン24時間レース」や「スポーツカー世界選手権」など名だたるモータースポーツで優勝を重ねています。特に「F1世界選手権」では、製造者部門において過去最多の16回の優勝を誇っています。

  • フェラーリのモータースポーツの成績
  • F1世界選手権:16回
  • スポーツカー世界選手権
    • 総合優勝:7回
    • GTクラス:3回
    • プロトタイプクラス:4回
  • ル・マン24時間レース:8勝
  • セブリング12時間レース:12勝
  • etc...

フェラーリの2019年モデルの紹介

2019年現行の市販フラッグシップモデルは「812スーパーファスト」(約3,910万円)で、6,496ccのV型12気筒自然吸気エンジンが800馬力を出力します。また、「SF90ストラダーレ」はフェラーリ史上初のプラグインハイブリッドカーとして話題となりました。

【人気のイタリア高級車】ランボルギーニ 派!

【人気のイタリア高級車】ランボルギーニ 派!

ランボルギーニの特徴・歴史

「ランボルギーニ」は、イタリアに本社を置く自動車メーカーで、正式名称は「ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA」と言います。現在は、フォルクスワーゲングループの参加です。牛のエンブレムを利用することもあり、「猛牛」の愛称で知られています。

フェルッチオ・ランボルギーニがフェラーリと同じ1947年に小さなチューニングショップを開いたのがきっかけで、トラックやトラクターを専門に売上を拡大し、大きくなっていきました。

本格的に高級スポーツカーに参入したきっかけは、「フェルッチオ・ランボルギーニ」が個人的に乗っていたフェラーリのクラッチが故障した際、「ランボルギーニ」社のトラクターと同じパーツが使われているのを知り、自社の工場で「フェルッチオ・ランボルギーニ」自らフェラーリを修理し改造した結果、新型フェラーリよりはるかに早くなったと言われています。

それをきっかけに高級スポーツカー分野への参入し、1963年に「350GTV」を発表しました。当初は思うような成果が出せなかったものの、「ミウラ」(1966年)と「カウンタック」(1971年)の世界的ヒットで、「フェラーリ」と並ぶ高級スポーツカーメーカーとなりました。

【ランボルギーニの魅力 その①】鋭く低いデザイン

【ランボルギーニの魅力】鋭く低いデザイン

ランボルギーニの最大の魅力は、マッシブかつセクシーなボディとインテリアのデザインです。「ランボルギーニ」の代名詞とも言える『低く鋭いデザイン』は、誰もが思わず目を向けてしまう存在感があり、華やかさは他メーカーを寄せ付けません。

『ランボルギーニを真似したデザイン』は近年増加していますが、やはり「ランボルギーニ」は元祖と言える美しさを誇ります。

【ランボルギーニの魅力 その②】圧倒的なスピード

「ランボルギーニ」のスピードを支えるのは、エンジン性能のみならず、空力性能が優れているからです。ランボルギーニの洗練されたデザインこそが、「ランボルギーニ」の最高速度350km/hを支えています。

フェラーリ同様12気筒エンジンですが、自然吸気エンジンでさらにエンジンをリアに積むのは「ランボルギーニ」のみ。空力を最大限に生かしたエンジンで、圧倒的な加速力を誇り、まるでオーケストラが奏でるようなエンジンの鼓動に、高級車ファンは酔いしれること間違い無いでしょう。

ランボルギーニは、モータースポーツへの参入は消極的

「ランボルギーニ」は、モータースポーツへの参戦には消極的です。「F1世界選手権」に参戦した過去もありますが撤退しています。「SUPER GT」へは初期からの参戦しており、全日本GT選手権で活躍しています。

ランボルギーニの2019年モデルの紹介

2019年現行の市販フラッグシップモデルは「アヴェンタドールS」(約4,490万円)で、6,498ccのV型12気筒自然吸気エンジンが740馬力で四輪を駆動し、最高速度351km/hを誇ります。

「【フェラーリ vs ランボルギーニ】人気のイタリア高級車はどっち?」まとめ

いかがでしたか?フェラーリは成功したからとりあえず乗ってみたいという富裕層、ランボルギーニは富裕層の中でも『ちょい悪』感を出したい人が好むとも言われています。とはいえ、フェラーリとランボルギーニ、両方成功者・お金持ちの乗り物であることは間違いありませんが、中にはとにかく車が好きで、衣食住より高級スポーツカーを優先してしまうエンスージアストもいるでしょう。

あなたは、フェラーリ派ですか、ランボルギーニ派ですか?

「【フェラーリ vs ランボルギーニ】好きなイタリア高級車はどっち?」の人気投票結果発表!

【フェラーリ vs ランボルギーニ】好きなイタリア高級車はどっち?のアンケート

フェラーリ

ランボルギーニ

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

【フェラーリ vs ランボルギーニ】好きなイタリア高級車はどっち?のアンケート

フェラーリ

ランボルギーニ

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす