【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?人気アンケートで比較調査!

【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?人気アンケートで比較調査!

演劇の中でもミュージカルや小劇場の舞台などと比較しても、なかなか行く機会が少ない歌舞伎とオペラ。

伝統芸能としての格式の高さや、鑑賞に要する費用など、敷居の高さがハードルになっていると考えられますが、もし観劇のチャンスを得られたなら、どちらを見に行きたいですか?

そこで今回バトクエでは、観劇を見るなら歌舞伎派かオペラ派かに分かれて特徴や魅力を比較し、最後にどっち派が人気かアンケートした結果を発表します!

【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?のアンケート

歌舞伎

オペラ

【歌舞伎派】の特徴・魅力

短時間だけ鑑賞できるライトなチケットがある

そもそも歌舞伎は数千円~20,000円程度の観劇料で、複数の演題を連続してみながらお弁当やお土産などを楽しむのが一般的な観劇方法です。

でも、実は歌舞伎には「一幕見席」という気軽に歌舞伎を短時間で体験することができるチケットが存在します。

行きたいその日に東銀座駅の歌舞伎座へ出かけて、空席があれば1,000円前後の値段で、その演題のみを単独で観劇できるのが一幕見席というシステムです。デートの空いた時間などに、少し歌舞伎鑑賞してみるのはいかがでしょうか。

テレビとは違う俳優の姿を見ることができるかも

近年では、TVドラマや映画などで俳優として活躍する歌舞伎役者も多く、彼らが本来の歌舞伎役者として演じている舞台を見てみるのも楽しいでしょう。

普段テレビで見かけている姿とは異なり、歌舞伎独特の迫力ある演出に圧巻されること間違いありません。日本の文化に触れられるのも嬉しいポイントです。

【オペラ派】の特徴・魅力

都内ならショッピングや食事のついでに足を伸ばせる

都内在住者なら、新宿にある東京オペラシティの「新国立劇場」が、身近なオペラ観劇場となります。新宿近隣にショッピングや食事に出かけたときに、足を伸ばすことができるので便利です。

オペラの魅力のひとつは、オーケストラがセットである点。クラシックを始めとする音楽ファンにとって、演劇以外の面でも楽しむポイントがあることは見逃せません。

昔ながらの総合芸術を幅広く鑑賞できる

近年では、歌舞伎にもさまざまな現代的演出が取り入れられています。

その中でも、オペラは昔から意欲的な演出を試みては論争の種になってきたという歴史があり、演劇・音楽・舞台美術を含めた総合芸術として幅広く鑑賞することが可能です。特に、もともと芸術に触れることが好きな人は、一体感ある演出の迫力に感動することでしょう。

「【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?人気アンケートで比較調査!」まとめ

いかがだったでしょうか?歌舞伎は日本の文化に触れることができ、さらに一時間程度の短い時間でも鑑賞可能なのが嬉しいポイントでした。また、オペラはオーケストラの壮大で迫力ある演奏を目の前で聞くことができます。

それぞれ違ったメリットがあるため、自分の用途に合わせた使い方を考え、購入している人が多いのではないでしょうか?それでは最後にアンケート結果の発表です。

「【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?」の投票結果の発表

【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?のアンケート

歌舞伎

オペラ

まだまだ募集しています

【歌舞伎 vs オペラ】どっちの観劇に行ってみたい?のアンケート

歌舞伎

オペラ

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!