【北海道 お土産・名産】「ジンギスカン」の臭みが消えた?企業努力の秘密を紹介!

【北海道 お土産・名産】「ジンギスカン」の臭みが消えた?企業努力の秘密を紹介!

皆さん、北海道の名物「ジンギスカン」を食べたことがありますか?

「ジンギスカン」は羊肉の焼肉で、そのヘルシーさと美味しさから近年非常に人気が高まりつつあります。北海道の名物と知られる「ジンギスカン」は、北海道グルメのランキング上位の常連で、北海道に旅行にいくと、観光客は北海道グルメの定番としてジンギスカンをよく食べます。昔は臭いと言われて避けられたりしていましたが、仔羊の肉を利用したり、スパイスを巧みに利用したり、タレに漬け込んだり、飲食店の努力によりジンギスカンの臭みはほとんどなくなりました。

今では北海道以外のお店やビアガーデン、ビール園など、どこでも食べられるようになりましたが、それでも北海道のグルメとして認知されるほど、北海道で食べるジンギスカンは格別です。

北海道の名物「ジンギスカン」の羊肉を冷凍でお土産で買うこともできますが、もちろん楽天やAmazonなどの通販で購入することもできます。そこで今回は、北海道の名物「ジンギスカン」の魅力を存分に紹介していきます。

北海道の名物「ジンギスカン」が人気がある理由!

北海道の名物「ジンギスカン」

北海道の名物「ジンギスカン」は、近年の技術の発達がすごい!臭みはほとんどなくなった!?

一般的には「ジンギスカン」は、羊肉の独特の臭みを感じるイメージが非常に強くあります。言い方は悪いですが、実際に臭い「ジンギスカン」を提供するお店はたくさんあります。

けれどもそんなお店で食べる羊肉は、「ジンギスカン」ではありません。

最近の「ジンギスカン」は、臭みがほとんどない生後1年未満のラム肉(仔羊肉)を使用したり、マトン肉(成羊肉)を利用しても漬け込みやスパイスなどを利用して、巧みに臭みを消して提供してくれる名店が増えました。

特にラム肉(仔羊肉)は、臭みが少ないだけではなく柔らかいお肉になるので、「ジンギスカン」が嫌いな人には本当におすすめです。『こんなに美味しいお肉があったのか』と北海道の名物「ジンギスカン」を好きになってしまうこと間違いありません。

もちろん、奥深い風味と歯ごたえがあるマトン肉(成羊肉)のファンは多く、巧みに料理して提供してくれるお店はたくさんあります。

北海道の名物「ジンギスカン」は、高たんぱくで低カロリー!

「ジンギスカン」には、ビタミンB1/B2、人体で生成できない8種類の必須アミノ酸、代謝に欠かせないナイアシン、味覚や免疫反応に深く関わる亜鉛、カルシウムや鉄分など、とにかく栄養素が豊富に含まれています。

また羊肉は、高たんぱく、低カロリー、低コレステロールと、「ジンギスカン」のジューシーなお肉からは考えれない健康食品です。ちなみに、カロリーは鶏肉と同等、コレステロールは、魚程度という、圧倒的にヘルシーな食材と言えるでしょう。

肉の種類 カロリー
羊肉 230 kcal
牛肉 520 kcal
豚肉 430 kcal
鳥肉 200 kcal

北海道の名物「ジンギスカン」は、体に脂肪を吸収しにくい&脂肪燃焼を助ける!

豚肉や鶏肉は脂肪の融点が約30度に対して羊肉の脂肪の融点が40度以上という、人間の体温よりも高温のため、脂肪が体に吸収されにくく、太りにくいことも北海道の名物「ジンギスカン」の一つの魅力です。

さらに、脂肪を吸収しにくいだけではなく、L-カルニチンという、脂肪の燃焼を促進させる成分も非常に多く含まれているんで、ダイエットする方にとっては、非常に魅力的な食べ物と言えるでしょう。

北海道の名物「ジンギスカン」には、他にも魅力が一杯。数え切れない魅力があります。

  • 高たんぱく、低カロリー、低コレステロール
  • 羊肉の脂肪は吸収しにくい
  • 脂肪燃焼を促進させる成分、L-カルニチンを含んでいる
  • コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸も豊富
  • キャベツやもやしなどの野菜も一緒に取れる

栄養面から見ても健康的で、お腹いっぱい食べても罪悪感がないため、ダイエットで生じるストレスも軽減されるでしょう。つまり、北海道の名物「ジンギスカン」は、心にも体にも優しい料理と言えるのです。

北海道の名物「ジンギスカン」のトリビア・美味しい食べ方!

北海道の名物「ジンギスカン」

北海道の名物「ジンギスカン」の歴史!発祥の地!

「ジンギスカン」の歴史は、大正時代に政府主導で始まった、羊毛生産のための綿羊飼育がきっかけといわれています。それに伴い、羊肉を食べるようになった日本人ですが、当時はあまり人気がありませんでした。

ちなみに「ジンギスカン」の発祥の地は、山形県の蔵王温泉や東京、北海道といわれたりしています。面白いことに発祥の地はあいまいで、それぞれ次のようにうたっています。

  • ジンギスカン発祥の地の諸説
  • 専門店の発祥は、東京都杉並区
  • 鉄鍋を使う発祥は、山形県蔵王温泉
  • タレを使う発祥は、北海道岩見沢市

特に山形県の蔵王温泉は、グルメサイトや旅行ガイドブックにも取り上げられるほどに、知名度を上げてきています。

北海道の名物「ジンギスカン」は、2種類の食べ方がある?

「ジンギスカン」は、タレに漬け込んでから焼いて食べるタイプと、焼いてからタレをつけて食べるタイプの2つの食べ方があります。一般的に多いのは、焼いてからタレをつけて食べるほうの食べ方ですが、高級店に行けばタレに漬け込んでから焼いて食べるタイプも多くみられます。地域性や好みで分かれるところですが、どちらも醤油ベースのタレが重要です。

北海道の名物「ジンギスカン」は、ご飯に合う!ビールに合う!

焼肉に合うものは大概合います。つまり、白いご飯、ビールの相性は最高です。

外で食べることも多い「ジンギスカン」。またサッポロビールの本場北海道。北海道に行けば是非サッポロビールを片手に「ジンギスカン」を外で食べてみてはいかがでしょうか。ジンギスカンとビールの相性がわかってくれると思います。

また焼肉にはご飯の相性が最高です。醤油ベースのタレということもあり、「ジンギスカン」をご飯の上にタップして食べれば牛肉の焼肉より相性が良いと感じる人も要るくらいです。

北海道の名物「ジンギスカン」のまとめ

いかがでしたでしょうか。北海道の名物「ジンギスカン」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

近年は「ジンギスカン」の唯一の欠点と言える臭みも、仔羊のお肉を使ったりしてほとんど臭みのない羊肉を食べることができます。通常の牛肉より、柔らかく、そして低カロリーかつ高たんぱくのため健康・美容にも最高の食べ物こそが「ジンギスカン」と言えるでしょう。北海道に行くのであれば、ぜひ外で食べるバーベキューを計画し、「ジンギスカン」を堪能してみてください。ジンギスカンの美味しいお店もたくさんあるので、飲食店でも楽しんでみてはいかがでしょうか。

実際に北海道に足を運んで、北海道の名物「ジンギスカン」を食べることをおすすめしますが、もちろんお土産や通販で購入することもできるので、北海道に来れないという方は、ぜひ北海道の名物「ジンギスカン」を楽天やAmazonなどの通販で購入し堪能してみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

アンケートをさがす