【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

生食や鍋料理、フライなどで親しまれている「牡蠣」。プルプルでとろみのある独特の食感と、濃厚な磯の香りが特徴の二枚貝です。『海のミルク』と呼ばれるほど栄養価が高く、オイスターバーや牡蠣小屋などの専門店ができるほどファンの多い貝のひとつ。

たくさんのファンを魅了する一方で、「美味しくない / まずい」と、苦手意識を持っている方も多いようです。

今回バトクエでは、牡蠣の特徴や魅力をご紹介し、最後に『【牡蠣】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【牡蠣】の特徴・魅力

【牡蠣】の特徴・魅力

ゴツゴツした殻と大ぶりの身が特徴の二枚貝「牡蠣」。日本では養殖で有名な「真牡蠣」や、天然の「岩牡蠣」などを主に食用しています。

『海のミルク』とも呼ばれる完全栄養食品で、世界中で長い食用の歴史を持つ食材です。

「牡蠣を食うのも花見まで」と言われるのは、「真牡蠣」は夏が産卵期となり身が痩せる上、菌の繁殖が活発になるためです。「岩牡蠣」は夏場が旬となります。

加熱せず生食されることが多いため、ノロウィルスなどの食中毒になりやすい食材としても知られています。医療関係・飲食関連など、牡蠣の生食を禁止している会社もあるそう。

【牡蠣】が使われる料理

世界中で古くから親しまれている「牡蠣」は、生食・焼き物・揚げ物など、幅広い料理に活用されている食材です。

  • 牡蠣を使った主な料理
  • 生牡蠣
  • 焼き牡蠣
  • 牡蠣フライ
  • 天ぷら
  • 牡蠣鍋
  • 土手鍋
  • 牡蠣めし
  • お好み焼き
  • 燻製

欧米では一般的に魚介の生食が避けられていますが、牡蠣は例外的に生食文化が発達した食材です。日本での牡蠣の生食文化は、欧米の食文化が流入して以降定着したのだとか!

【牡蠣】の主な加工食品

牡蠣は調理が難しくあまり日持ちもしないため、燻製などに調理し、缶詰やパウチにした加工食品が人気です。

また、スープやカレーなどのレトルト食品にも活用されています。

旨味の強い「牡蠣」は、出汁醤油やオイスターソースなどの調味料にも加工されています。

牡蠣は栄養価抜群!【牡蠣】に含まれる栄養素と効能

 牡蠣は栄養価抜群!【牡蠣】に含まれる栄養素と効能

『海のミルク』とも呼ばれる「牡蠣」は、必須アミノ酸を全て含み、グリコーゲンやミネラル類などさまざまな栄養素が多量に含まれる健全栄養食品です。

  • 牡蠣に多く含まれる栄養素と効能
  • グリコーゲン:肝機能向上・疲労回復
  • 鉄・銅などのミネラル:貧血予防
  • 亜鉛:味覚障害予防
  • タウリン:スタミナ増強・コレステロール抑制
  • ビタミンB類:疲労回復・代謝を助ける

豊富な栄養素を手軽にとれるサプリメントなどにも加工されているほど、牡蠣は栄養価が豊富な食材。ぜひ積極的に食卓に取り入れたい貝類のひとつです。

【牡蠣】は好き嫌いが分かれる?

古くから世界中で親しまれている「牡蠣」。多くのオイスターバーや牡蠣小屋が並び、天然岩牡蠣の時期には専門ツアーが組まれるほど、大変人気の食材です。

  • 牡蠣の産地に住みたいくらい大好き!
  • 濃厚な香りとトロトロ食感がたまらない!
  • お出汁が美味しくて、鍋の〆の雑炊が最高!

などと根強いファンが多い一方、独特の食感やにおいを「美味しくない / まずい」と思う方も。また、「見た目が気持ち悪くて無理」という意見も一定数見られます。

【牡蠣】には「美味しくない / まずい」という口コミも…

牡蠣は、貝類の中でもとろみのある食感と磯の香りが独特なため、「美味しくない / まずい」という口コミも多く見られます。

  • ドロドロした舌触りが美味しくない
  • 臭くてまずい、加熱しても無理
  • ビラビラした見た目が気持ち悪い
  • 一度当たってから怖くて食べられない

牡蠣が苦手な方は、牡蠣独特のトロトロした食感や濃厚な香り、貝類の中でも特徴的な見た目に、強く嫌悪感を抱いているようです。

また、「あたる」食材としても有名な牡蠣は、「酷い目に遭って、もう二度と食べないと誓った」などと、重度のトラウマを植えつけていることも…

【牡蠣】はどうして好き嫌いが分かれるのか?

【牡蠣】はどうして好き嫌いが分かれるのか?

一般的に貝類といえばコリコリした食感がありますが、牡蠣はプリプリしておりとろみのある舌触りが特徴です。他の貝よりもボリュームがあるため、香りも強く感じます。

牡蠣の好き嫌いが分かれる主な要因として、この独特な舌触りと香りが挙げられます。好きな理由にも嫌いな理由にもなる特徴であるようです。

また、ビラビラした独特な見た目がグロテスクに感じる方も。確かによく見てみると、少々気持ち悪いかもしれませんね…。

一方、好き嫌いに関わらず、ノロウィルスなどの食中毒により「好きだけどなるべく食べない」「会社から生食を禁止されている」という方が一定数いるのも特徴的な食材です。

【牡蠣】嫌いを克服するには?

栄養価が豊富で、ぜひ積極的に摂取したい「牡蠣」。「牡蠣嫌い」を克服するには、牡蠣の

  • 食感
  • 味・香り
  • 見た目

いずれが苦手なのか見極め、苦手ポイントを克服できるような食べ方でいただくのがおすすめです!

「牡蠣嫌い」の克服の助けになる、おすすめ商品をご紹介します。

ポッカサッポロ じっくりコトコト 牡蠣の濃厚クリーム

牡蠣独特の食感や見た目が苦手な方は、牡蠣パウダーを使ったスープやお煎餅など、牡蠣の原型がわからないものから挑戦してみましょう。

こちらのクリームスープは、牡蠣とクリームが濃厚なポタージュ。牡蠣好きの方も満足できる、牡蠣のうまみたっぷりの味わいです!

マルキン かき醤油

牡蠣の味や香りが苦手な方は、牡蠣醤油やオイスターソースなどの調味料から少しずつ慣れるのがおすすめです。

牡蠣醤油は、和食を中心とした料理に幅広く使える万能調味料。旨味がグッと深まり、牡蠣嫌いの方でも「和風オイスターソース」として便利に使えるはずです!

江崎グリコ グリコ

「1粒300メートル」のキャッチコピーでおなじみの『グリコ』が、実は牡蠣からできていたのをご存知でしたか?

実は、Glicoの創業者が「グリコーゲン」に注目し、当時大量に廃棄されていた牡蠣の煮汁を活用して生み出したのが『グリコ』なのです!

お菓子を食べながら健康を促進できる『栄養菓子』として親しまれているグリコなら、重度の牡蠣嫌いの方でも美味しく牡蠣の栄養をとりいれられるはず。

【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!まとめ

抜群の栄養価から『海のミルク』と呼ばれ、古くから世界中で親しまれている「牡蠣」。欧米諸国でも昔から生食されている、珍しい食材です。

独特のとろみがある食感と濃厚な香りが特徴で、根強いファンが多い一方、「美味しくない / まずい」と思う方も一定数いるよう。

「牡蠣大好き!」「永遠に食べ続けたい!」という方も、「絶対に美味しくない!」「食感もにおいもまずい!」という方も、ぜひご意見お寄せくださいね。

「【牡蠣】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【牡蠣】好き?嫌い?どっち?牡蠣を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!