【ニンニク】好き?嫌い?どっち?ニンニクを『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

【ニンニク】好き?嫌い?どっち?ニンニクを『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

食欲をそそる強い香りが特徴の「ニンニク」。玉ねぎと同様、球根部分を食用する香味野菜です。

主に中華料理やイタリアン、ラーメンなどに用いられ、スタミナ食材としても親しまれています。その歴史は古く、かつては薬用としても栽培されていたようです。

臭み消しや香り付け、丸のままを焼いたり揚げたりなど幅広い料理に活用されていますが、「美味しくない / まずい」という口コミも…

今回バトクエでは、ニンニクの特徴や魅力をご紹介し、最後に『【ニンニク】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【ニンニク】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【ニンニク】の特徴・魅力

香味野菜の代表格とも言える「ニンニク」は、肉の臭み消しや料理の香り付けなどに幅広く活用されています。

中華・韓国料理・イタリア料理を中心に、様々な料理で親しまれています。日本では、江戸時代頃から食用されるようになったようです。

非常に強い殺菌作用があり、さまざまな菌に対して抗生物質として働くことも確かめられています。

薬として用いられるほど健康効果の高い食材ですが、その分刺激も強いです。食べすぎると胃がムカムカしたり、下痢や便秘の原因となることも、特徴のひとつと言えるでしょう。

【ニンニク】が使われる料理

「ニンニク」は主に中華料理の炒め物や、イタリアンのピザやパスタなどに使われるイメージが強いでしょう。

現在の和食では、焼肉のたれやカツオのたたきの薬味、味噌漬け・醤油漬けなど、幅広い料理に活用されています。

薬味や風味付けの調味料としてだけでなく、丸ごと焼いたり揚げたりしても、ホクホクした食感と香りが楽しめます。

  • ニンニクが使われる主な料理
  • 炒め物や煮物の調味
  • ドレッシング、ソース、たれ
  • 薬味として(カツオのたたきなど)
  • 醤油漬け、味噌漬け
  • 素焼き、素揚げ

【ニンニク】の主な加工食品

ニンニクの主な加工食品として、まず思い浮かぶのがおろしニンニクのチューブです。調理時の手などのにおいを気にせず、手軽に使える調味料として親しまれています。

チューブタイプだけでなく、ガーリックパウダーや乾燥にんにくスライスなども料理の味方。使いたい分だけ調理に活用でき、保存も効く便利な加工食品です。

オリーブオイルや醤油、ラー油などにニンニクを漬け込み、香りを移した調味料にも活用されています。ソースやタレ、ドレッシングなどに含まれていることも多いです。

その他、ラーメンからスナック菓子まで、幅広い加工食品の調理に活用されています。また、その薬効の高さから、サプリメントとしても定番の食材です。

ニンニクは栄養価抜群!【ニンニク】に含まれる栄養素と効能

「ニンニク」は、古くから薬に活用されるほど、健康効果の高い成分が含まれています!

香り成分である「アリシン」がビタミンB1の吸収を高め、疲労回復や滋養強壮効果があります。さらに強力な殺菌効果があり、

  • ブドウ球菌
  • 結核菌
  • チフス菌
  • 赤痢菌

などのさまざまな菌に対し、抗生物質として働く効果が確かめられています。

ニンニクに含まれる「スコルジン(スコルニジン)」は血行を促進するため、冷え性の改善や免疫力を高める効果も期待できます。血圧を下げる可能性があるという説も!

また、ニンニクには喘息や気管支炎の際に痰を取り除く作用や、肝臓を助ける働きがあるとも言われています。

一方で非常に成分が強いため、過剰摂取すると胃がムカムカしたり、下痢や便秘になったりします。胃腸に悪影響が出ないよう、食べ過ぎには気をつけましょう。

【ニンニク】は好き嫌いが分かれる?

香味野菜である「ニンニク」は、非常に独特のにおいが強い食材です。そのにおいがニンニクの美味しさなのですが、苦手な方が多い理由にもなっています。

ニンニクが好きな方からは、次のような口コミが寄せられています。

  • においを嗅ぐだけでお腹が空く!
  • 料理にコクが出て美味しい!
  • ニンニクが無いと物足りない!
  • 美味しいものほど臭い(笑)

一方でニンニク好きの方でも、「ニンニクは大好きだけど、他人のニンニク臭は嫌い」など、臭さに対しての苦手意識も見られました。

【ニンニク】には「美味しくない / まずい」という口コミも…

「ニンニク」が苦手な人にとっては、あの強いにおいが非常に厄介なようです。ニンニク嫌いの方の口コミでは、

  • ニンニク臭さだけは許せない
  • まずいというより、臭いのがダメ
  • イタリアンなど、ニンニク抜きで頼みたい
  • 食べると胃がムカムカする

など、強い拒絶反応が出ていました。胃腸が弱い方にとっては、少し食べるだけでも胃がムカムカするなど、成分の強さも苦手の原因となっているようです。

【ニンニク】嫌いを克服するには?

「ニンニク」は、香りやコクを付けるために、意外にも多くの料理に使われています。薬味などであれば避けられますが、香味野菜の中でも避けにくい部類に入るでしょう。

実は、においやムカつきの原因物質「アリシン」は、元々は「アリイン」とい無臭の成分。切ったり加熱したりすることで「アリシン」に変化し、においが発生する仕組みです。

つまり、なるべく「アリイン」を「アリシン」に変化させない食べ方をすること、ニンニクのにおいを和らげる食材と合わせることで、ニンニク嫌いを克服できる可能性があります!

ここからは、「ニンニク嫌い」の克服に繋がる食べ方や、おすすめ商品をご紹介します。

AJINOMOTO さらさらキャノーラ油

ニンニク嫌いの方は、ぜひニンニクを丸ごと揚げる揚げる方法を試してみてください!抵抗はあると思いますが、切らずに揚げる方がにおい成分が発生しにくいのです。

ニンニクは、油と合わせて調理するとにおいが和らぎます。しっかりときつね色になるまで揚げ、さらにバターを添えると、ジャガバターのようにホクホクで食べやすくなりますよ。

有限会社 福亀堂 梅にんにく 600g(300g×2箱)

ニンニクのにおいは、強い梅肉と合わせると食べやすくなります。さっぱりとした梅の香りがニンニクのクセを抑え、独特の香りや味が和らぎます。

スライスせずに梅漬けにされたものが市販されているので、手軽に試しやすいのも嬉しいポイント。「臭わない」とレビューでも評価されています!

ハウス バーモントカレー 中辛

どうしてもニンニクのにおいが気になる、でも体のために食べたい…という方は、カレーに少量ずつ入れて挑戦してみましょう。

カレー自体がにおいの強い食べ物なので、ニンニクを入れてもなかなか気がつきません。また、リンゴを一緒に食べるとにおいが和らぐとも言われています。

【ニンニク】好き?嫌い?どっち?ニンニクを『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!まとめ

料理のうまみや食欲を増してくれる香味野菜、「ニンニク」。すりおろしたり刻んだりして料理に使うだけでなく、そのまま揚げたり焼いたりしても違う美味しさを楽しめます。

かつては薬として重宝されており、食べすぎると胃腸に悪影響がでるほどの強い健康効果も特徴のひとつです。

一方で、独特の強いにおいや胃腸への負担から、「美味しくない / まずい」と思う方もいるようです。たとえ好きであっても、食後のにおいは気になる方が多いよう。

「ニンニク大好き!」「無いと物足りない!」という方も、「臭くて美味しくない」「まずい訳じゃないけど、体に合わない」という方も、ぜひご意見お聞かせください!

「【ニンニク】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【ニンニク】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【ニンニク】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす