【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査!

【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査!

「稲庭うどん」は、秋田県南部発祥のうどん。実は江戸時代から秋田藩主の殿様への献上品で、昭和47年に配合や製造技術が公開されるまで、一般人は食べられなかったという逸品こそが「稲庭うどん」です。

今回バトクエでは、稲庭うどんの特徴や魅力をご紹介と、最後に『【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【稲庭うどん】の特徴・魅力

【稲庭うどん】の特徴・魅力

稲庭うどんの美味しさ

稲庭うどんは、つるっとした滑らかな喉ごし、細麺なのにしっかりしたコシが特徴のうどんです。

稲庭うどんは、冷たいざるうどんで食べるのが定番ですが、温かいかけうどんでも美味しく食べることができます。

また様々なアレンジができるうどんとしても知られており、特にパスタ風にアレンジレシピはインターネット上にたくさん投稿されています。

稲庭うどんの珍しい製法

今はうどん作りも機械化されている時代ですが、稲庭うどんの店舗は伝統的な製法を守り、あえて機械を導入していないことが多くあります。

「練り」、「綯い」、「伸ばし」、「干し」というの四つのステップで、熟練の職人が手延べ製法で作っています。秋田には江戸時代から続く老舗店があり、創業からすでに150年以上経っているお店もあります。

【稲庭うどん】は好き嫌いが分かれる?

【稲庭うどん】は好き嫌いが分かれる?

【稲庭うどん】美味しい・好きと言う意見

  • ほどよい弾力を感じつつ細めの食べやすい麺でした。
  • とても食べ応えがありました。
  • のど越し最高。

稲庭うどんはシンプルながら洗練されたうどんなので、口コミの傾向としては絶賛するというよりは、安定して美味しいといった口コミが多くありました。稲庭うどんは昔から変わらないシンプルなうどんだからこそ、万人受けしているのではないでしょうか。

【稲庭うどん】まずい・嫌いと言う意見

  • 硬めのひやむぎって感じでした
  • このお店はハズレ、コシがない

同じ稲庭うどんでも、店舗や商品によって違いはあるようです

「【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査!」まとめ

稲庭うどんは秋田県の郷土料理で、喉ごしがよく、細麺なのにコシがあるうどんです。

製法は長い歴史を大切にしていますが、稲庭うどんを利用した料理は、近年様々なアレンジされています。

中には江戸時代から150年以上続いている老舗店もあり、今でもすべて職人の手作業でうどんを作っています。興味がある方はぜひ取り寄せて食べてみてはいかがでしょうか。

「【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?」の投票結果の発表

【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【稲庭うどん】美味しい?まずい?どっち?アンケートで好き嫌い割合調査のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!