【舞茸】美味しい?まずい?どっち?

【舞茸】美味しい?まずい?どっち?

舞茸は、ブナ科の樹木の根元に寄生するキノコです。

日本では古くから食べられてきましたが、見つけるのが難しく「幻のキノコ」と珍重されていました。

1980年代、全国的に人工栽培が定着してから徐々に市場に流通し、今では家庭でもおなじみの食材です。美味しさだけでなく、その栄養成分も注目されています。

今回バトクエでは、舞茸の特徴や魅力をご紹介し、最後に『【舞茸】美味しい?まずい?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【舞茸】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【舞茸】の特徴・魅力

【舞茸】の特徴・魅力

舞茸には旬がある!

舞茸は一年中店頭に並んでいますが、旬は9月から10月頃です。カサが茶色で厚みがあり、茎の部分がはっきりと白いものが市場価値が高いと言われています。新鮮な舞茸はカサが密集しており、触ると折れそうなほどシャキッとしています。

舞茸の特徴

舞茸の特徴

舞茸の特徴は、独特の香りとシャキシャキとした歯触りです。舞茸の香りの良さは、松茸に匹敵すると言われるほどです。炊き込みご飯や鍋に入れると、香りと旨味をたっぷり楽しむことができます。

舞茸のシャキシャキとした食感は、加熱しても失われません。熱を加えるとしんなりするキノコが多い中、珍しい存在です。食感を楽しむには、天ぷらや炒め物でいただくのがおすすめです。

なお、舞茸は生のまま食べず必ず加熱してください。

舞茸の魅力

舞茸は、とても栄養価が高い点でも人気があります。キノコ類全般に言えることですが、ビタミンやミネラル、食物繊維を豊富に含んでいます。その中でも舞茸に多く含まれる栄養成分は、ビタミンDとベータグルカンです。

ビタミンDは免疫機能を調節する働きがあるため、ウイルスが体内に侵入しても感染症にかかりにくくなります。また、カルシウムの吸収を促進するため、骨の健康に欠かせない栄養素です。

ベータグルカンは食物繊維の一種で、免疫力を高め、血中コレステロール値を下げる働きがあります。

【舞茸】の評判

【舞茸】の評判

【舞茸】美味しい・好きと言う意見

  • 香りが良くて、美味しい。
  • 栄養成分が豊富で食べやすいので好き。

【舞茸】まずい・嫌いと言う意見

  • あの独特の匂いが、どうしてもダメ。
  • パサパサした食感がどうも苦手。

「【舞茸】美味しい?まずい?どっち?人気アンケートで好き嫌いの割合調査!」まとめ

今回は舞茸の特徴や魅力についてご紹介しました。

美味しくて身体にも良い舞茸は料理での用途も幅広く、使いやすいと人気があります。ほぐして冷凍保存しておくと、凍ったまま必要な分だけ使えて便利です。冷凍庫では1ヶ月ほど保存できますので、常備しておくのもおすすめです。

また最後に、舞茸が好き・嫌いかのご意見もお聞かせください。

「【舞茸】美味しい?まずい?どっち?」の投票結果の発表

【舞茸】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだアンケート実施中です!ぜひあなたの意見を聞かせてください!

【舞茸】美味しい?まずい?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!