【松茸】好き?嫌い?どっち?松茸を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

【松茸】好き?嫌い?どっち?松茸を『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

芳香とも言える強い香りが特徴の高級食材、「松茸(マツタケ)」。食欲をそそる香り高さと濃厚な風味、そして希少価値から、秋の味覚の代表とも言えるきのこです。

日本原産といわれ、人工栽培が難しく、出荷の季節が限定されています。天然モノならではの希少価値もあいまって、いっそう秋の高級食材のイメージが強いです。

贈答用として、または旅行や料亭など特別な日の食材として愛されている松茸ですが、意外にも「美味しくない / まずい」という口コミもあるようです。

今回バトクエでは、松茸の特徴や魅力をご紹介し、最後に『【松茸】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

【松茸】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【松茸】の特徴・魅力

日本のきのこの最高峰とも言える、強い香りが特徴のきのこ「松茸(マツタケ)」。人工栽培が難しいため、非常に希少価値が高く、高価なきのこの代名詞でもあります。

かつては松茸が生育するアカマツの林が多く、身近な秋の食材だったそう。しかし里山の過疎化で松茸が生育しにくい環境が広がり、高額になっていったようです。

傘が開くと香りが強くなりますが、その分香りが抜け食感も悪くなるため、傘が開いていない状態のものが好まれます。

味や香りだけでなく、他のきのこ類と同様低カロリーで栄養も豊富に含んでおり、体にいい食材であることも特徴です。

【松茸】が使われる料理

「松茸(マツタケ)」は独特の香りを楽しむため、丸のまま素焼きにしたり、松茸ご飯やお吸い物、土瓶蒸しなど、香りと味を堪能できる料理に活用されることが多いです。

  • 松茸が使われる主な料理
  • 素焼き
  • 松茸ご飯
  • お吸い物
  • 土瓶蒸し
  • 天ぷら

日本では最高級のきのことして扱われていますが、海外では松茸独特の芳香を「臭い」と思われていることが多いそう。和食以外の料理にはあまり活用されていないようです。

【松茸】の主な加工食品

生の「松茸(マツタケ)」は、流通時期が短い上に非常に高額です。そこで、スライスして乾燥させたり冷凍加工したものが、主に業務用として市販されています。

松茸の一番の特徴は、独特の強い香りです。松茸の香り成分を抽出した香料も、プロ・業務用として販売されています。

松茸の一般的な加工食品と言えば、やはりお吸い物の素でしょう!お湯を注ぐだけで松茸の香りが楽しめ、お祝い事の食卓にもぴったりです。

また、松茸料理の定番でもある「松茸ご飯」の素や、佃煮に加工されたものも市販されています。生の松茸よりもお手軽かつお手頃で、贈答品としても喜ばれるでしょう。

松茸は栄養価抜群!【松茸】に含まれる栄養素と効能

香りや味が注目されがちな「松茸(マツタケ)」ですが、他のきのこ類と同様に栄養価が豊富でカロリーが低く、体に優しい食材でもあります。

  • 松茸に含まれる主な栄養素と効能
  • 食物繊維:胃腸を整える
  • ビタミンD:カルシウムの吸収、免疫力アップ、ガン抑制など
  • ナイアシン:肌や粘膜の健康を保つ
  • カリウム:血圧の上昇を抑える、不整脈・夏バテ対策

また、松茸の香り成分は、「マツタケオール」と呼ばれる不飽和アルコールと桂皮酸メチルによるもの。現在では人工的に生成され、添加物として活用されています。

松茸に毒はある?【松茸】の食べ過ぎに注意

実は「松茸(マツタケ)」は、弱毒菌です。しかし非常に高価なため多量に摂取することは考えにくく、一般的に松茸による食中毒はほとんどないと言えるそうです。

ただし、多量に摂取すると吐き気をもよおす可能性があるとされるため、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

松茸が古くなると、含まれるアミノ酸が有毒成分「ヒスタミン」「フェニールエチルアミン」に変化します。食べると激しい嘔吐や下痢など食中毒症状を起こすため、要注意です。

【松茸】は好き嫌いが分かれる?

秋の味覚の代名詞でもある「松茸(マツタケ)」は、高級食材として日本人に重宝されている希少なきのこです。松茸が好きな方から寄せられた口コミでは、

  • 秋のご馳走と言えば松茸!
  • 旅行先で食べて、本当に美味しかった!
  • 贅沢をしている気分になる!
  • 何にも変えがたい香り!

と、秋の味覚の代表格として強く支持されていることがわかりました。また、「贈り物に最適」「貰うと嬉しい」などのコメントも多く寄せられています。

【松茸】には「美味しくない / まずい」という口コミも…

しかし、どうやら日本人なら誰でも松茸が好き!という訳ではなく、松茸独特の芳香を「臭い」と感じる方も中にはいるようで、松茸嫌いも多少いるのだとか。

また松茸の臭いは、特に海外の方からすると、なかなか受け入れがたい香りのようです。日本人でも、あの独特のにおいが受け付けない口コミがみられました。

また、そもそもきのこ類全般が苦手な方も一定数いるようで、味や食感が得意でないと感じる方は多いようです。

  • 松茸嫌いの方から寄せられた口コミ
  • 臭くてまずい!食べられる気がしない
  • 食感や歯応えが美味しくない。。
  • きのこ類が苦手なので…
  • 値段に見合う価値があるとは思えない

嫌いと言うより、値段ほどの価値はない、という意見は多いようですね。

【松茸】嫌いを克服するには?

「松茸(マツタケ)」は高級食材であるため、一般的には家庭などで食卓に登る機会も少ないです。無理に食べられるようにならなくても、そこまで困ることはありません。

しかし、旅行先の食事のメインとなる上お値段も張るので、食べられないのは「もったいない!」と思ってしまう方もいらっしゃるはず。

松茸自体がなかなか手に入りにくいため、克服するのは少々骨が折れるでしょう。自分の苦手なポイントをカバーできる料理に、少しずつ挑戦してみてくださいね。

松茸お吸物

松茸の食感や歯ごたえが苦手な方は、お吸い物で楽しむのがベストです。最初は松茸が入っていないもの、それが大丈夫なら少し入っているもの…とレベルを上げてみましょう!

フリーズドライなどの商品の場合、生の松茸とは食感が異なります。お手頃かつお手軽に少しずつ慣れるのに、お吸い物はとっても便利です。

永谷園 業務用松茸風味調味料

松茸の味や香りが苦手な方は、「松茸風味」の調味料から少しずつ慣れていくのがおすすめ。松茸そのものは含まれないので、苦手な方でもトライしやすいはずです。

自分で量を調整しながら、汁物や炊き込みご飯、パスタ・うどん、鍋料理などに活用できます。これに慣れたら、松茸エキスなどで松茸本来の風味に挑戦してみましょう!

松茸は高いので、嫌いならあえて食べなくてもよい?

克服、と言う観点で松茸を捉えるくらいなら、無理に食べなくてもいいのではないでしょうか。苦手な高級食材に高いお金を出すよりも、好きな食べ物を食べるのもよいかもしれません。

【松茸】好き?嫌い?どっち?松茸を『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!まとめ

独特の芳香と希少価値の高さにより、秋の味覚の代表格として重宝される高級食材「松茸(マツタケ)」。天然モノしかなく、日本人にとってご馳走感の強いきのこです。

旅行先や料亭などでの特別なお食事の定番食材のひとつでもあり、松茸をメインにしたツアーやコースがあるほど!贈答品としても非常に人気です。

一方で、その強い香りは、海外の方にとって受け入れがたい様子。日本人でも、特にその香りを「臭い」と感じ、苦手意識を持っている方が意外にもかなり多いようです。

「松茸大好き!」「秋のご馳走と言えば松茸でしょ!」という方も、「臭いし美味しくない!」「まずいのに高い!」という方も、ぜひご意見お寄せくださいね。

「【松茸】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【松茸】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【松茸】好き?嫌い?どっち?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす