【福島お土産 いかにんじん】美味しい?まずい?どっち?人気投票!福島お土産&名物

【福島お土産 いかにんじん】美味しい?まずい?どっち?人気投票!福島お土産&名物

皆さん、福島県の名物「いかにんじん」をご存知でしょうか?

名前だけ聞くと、『烏賊と人参?』と想像してしまうかもしれませんが、その通りで、『いか(烏賊)』と『にんじん(人参)』の食材名をつなぎ合わせた料理になります。食材名を繋げただけの料理名からは、味の想像がつきにくく、見た目の華やかさもない素朴な料理ですが、東北の福島県の冬には欠かせない、味わい深い保存食です。

福島県の名物「いかにんじん」の魅力は、食感と素材の旨みです。ご飯やお酒にあうため、一品料理として、おつまみとして、様々な用途で食べられています。今や福島県の名物となった「いかにんじん」は、もちろん楽天やAmazonなどの通販で購入できます。

そこで今回バトクエでは、福島名物「いかにんじん」の魅力の紹介と、『東京名物「東京ばな奈」は美味しい?まずい?どっち?』というアンケートの結果を発表します。

もしよければあなたの意見も教えてください♪

のアンケート

★★★★★(美味しい)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(まずい)

福島県の名物「いかにんじん」が、福島県で愛される理由!

福島県の名物「いかにんじん」

福島県の名物「いかにんじん」は、お手軽に作れる郷土料理!

福島県の名物「いかにんじん」は、福島県の北部に伝わる郷土料理で、江戸時代末期から食べられています。厳しい東北・福島県の冬を越すための保存食として食べられてきました。現在は冷蔵庫が普及して、福島県のスーパーでは、年中通してお惣菜コーナーで売られるようになりました。それでも福島県の家庭では手作りされることが多く、特にお正月料理として親しまれています。

家庭で愛され続ける理由があり、その理由の一つが作り方が簡単なお手軽料理であることです。

  1. 「いかにんじん」の作り方
  2. スルメと人参を細切りにする
  3. 日本酒と味醂(みりん)と醤油でタレを作る
  4. 細切りにしたスルメと人参をタレに半日~1日ほど漬ける
  5. 完成!!

このように料理をしたことがない男性でも、作れるくらいお手軽料理です。また材料も「スルメ」と「人参」、そしておそらく家庭にあるだろう調味料ですむため、材料費もほとんど要りません。

福島県の名物「いかにんじん」は、お手軽に作れることと、材料費が安いことが、愛され続ける理由の一つと言えるでしょう。

福島県の名物「いかにんじん」は、食感と素材の味が最高!

「いかにんじん」は、お手軽さだけが魅力ではありません。しっかりとした美味しさがあります。「いかにんじん」の魅力は、食感と素材の旨みです。

人参のポリポリとした食感、そしていかの柔らかな食感、この2つを同時に感じることができることが、「いかにんじん」の魅力の一つです。また漬けダレを通して、人参の甘みがいかに、いかの旨みが人参に、染み込むことで、甘さと旨みが混ざり合った絶品料理になります。

人参といかという独特の食感、そして素材の美味しさが混ざり合った逸品こそが、福島県の名物「いかにんじん」と言えるでしょう。

福島県の名物「いかにんじん」は、ヘルシー料理!

福島県の名物「いかにんじん」は、スルメと人参、そのうえノンオイルなので、カロリーオーバーしがちなお正月には嬉しい『ヘルシー料理』です。ヘルシー料理なので女性にはもちろんおすすめですが、おつまみとしてもいけるため、お酒を飲む方にも低カロリーでうれしい一品と言えるでしょう。

「いかにんじん」は『まずい』『美味しくない』という意見もある?

さて福島県のお土産・名物として大人気の「いかにんじん」ですが、『まずい』『美味しくない』という意見もあったりします。

アンチ「いかにんじん」派が『まずい』『美味しくない』という理由

「いかにんじん」は、作り方によってスルメが全面にでてしまうこともあります。そういった背景もあり、次のような意見がでるもしばしば。

スルメの良い香りがしたかと思ったら、そのままスルメの味しかしない。

そのままスルメのほうがよい。

正直作り手によって、美味しさが大きく変わってしまうので、本場を味わうなら福島に行くか、美味しい通販で取り寄せるしかありません。気になる方は、取り寄せて食べてみるしかないですね!

福島県の名物「いかにんじん」のトリビア・おすすめの食べ方!

福島県の名物「いかにんじん」

福島県の名物「いかにんじん」は、佐藤B作さんが大好き!?

「いかにんじん」は、昔から福島県の家庭料理の枠を超えず、福島県の名物としてはほとんど知られていませんでした。ところが、福島県北部の福島市出身の俳優「佐藤B作」さんが、テレビ番組でおすすめの郷土料理として、紹介したことで有名になり、全国的に知名度をあげていきました。

福島県の名物「いかにんじん」の兄弟名物は、北海道の名物「松前漬け」!

福島県の名物「いかにんじん」は、非常に似ている料理があります。北海道の名物として有名な郷土料理「松前漬け」です。「いかにんじん」と何が違うかというと、スルメと人参のシンプルな食材に、さらに細切りの昆布や数の子を加えて、漬けたものが「松前漬け」です。食材が少し違うだけで、それ以外はほとんど同じです。

なぜこれほど似ているかというと、江戸時代に答えがありました。幕末の松前藩(現在の北海道松前)と梁川藩(現在の福島県梁川)が領地を移し替えるときに、食文化もそのまま引き継がれたとされています。しかし、北海道から福島県に伝わったのか、福島県から北海道に伝わったのか、不明なままで謎に包まれています。

福島県の名物「いかにんじん」の美味しい食べ方!

おかずとしても、一品料理として、お酒のお供としても、ぴったりな福島県の名物「いかにんじん」。

その中でもやはりおすすめなのは、ご飯と一緒に食べることです。特に「いかにんじん」の炊き込みご飯は絶品で、漬けダレごと炊き込めば、うまみを無駄なく食べることができます。

また日本酒にもあいます。福島県は日本酒が有名で、どの銘柄も美味しいですが、その中でもおすすめは「金水晶 純米酒」です。なぜおすすめかというと、「いかにんじん」発祥の地である福島県北部の福島市にある唯一の酒造「金水晶酒造」の日本酒だからです。食事の邪魔にならない飲みやすい純米酒なので、福島県の「いかにんじん」の旨みとの相性も抜群です。

『【いかにんじん】美味しい?まずい?どっち?人気投票!』のまとめ

いかがでしたでしょうか。福島県の名物「いかにんじん」の魅力が少しでも伝わったらと思います。

「いかにんじん」は、福島県で愛され続けた郷土料理で、今でも福島県の家庭で作られ食べられています。食感と旨みが「いかにんじん」の魅力ですが、作り方が簡単で材料費も安いことも福島県の家庭で愛され続けている理由の一つでしょう。地味な見た目なのに、やみつきになること間違いなしです。

「いかにんじん」の作り方は簡単ですが、食べたことがない方には味の基準がないので、最初は楽天やAmazonの通販で購入して試してみることをおすすめします。

『福島名物「いかにんじん」は美味しい?まずい?どっち?』の人気投票結果発表!

のアンケート

★★★★★(美味しい)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(まずい)

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

のアンケート

★★★★★(美味しい)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(まずい)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす