ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?人気投票!

ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?人気投票!

2019年ラグビーW杯で、日本代表チームが悲願のベスト8進出を果たし、日本中で大変な盛り上がりを見せました。ラグビーへの注目度が急上昇し、2019年のラグビーW杯を見てラグビーが好きになったという人はたくさんいるでしょう。

そこで今回バトクエでは、ラグビーに対する様々な意見を紹介し、最後に『ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?』という人気投票ランキングのアンケート結果を紹介します。

まだまだアンケートを実施中なので、あなたの意見も聞かせてください♪

ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?のアンケート

ラグビーは好き

2019年ラグビーW杯から好きになった

ラグビーは好きじゃない

ラグビーのここがすごい!

ラグビーのここがすごい!

ラグビーは、15人で守って15人で攻める!

15人全員でせめて、15人全員で守る、まさにチーム全員が一丸にならないと勝てないのがラグビーです。

ラグビーでよく使われるのが、次の格言。

  • One for all, All for one

このラグビーの格言は、直訳すると「一人はみんなのために、みんなは一つの目的(トライ)のために。」という意味で、全員で勝利へ向かって一つになるという熱い言葉です。

実際に自己を犠牲にしてチームの為に戦うラグビー日本代表の姿、海外の強豪国に立ち向かう日本代表の姿は、「One for all, All for one」という格言がまさに当てはまり、チーム全員でトライを目指して闘う姿は感動を覚えます。

ラグビーといえば激しい体のぶつかり合い!

ラグビーの醍醐味とも言える激しいタックル。100kgを超える筋肉隆々のラガーマンが防具をつけずに相手と全力でぶつかり合う迫力に興奮するという人も多くいるでしょう。

サッカーなどのスポーツは接触プレーが起きると、たとえ痛くなくてもすぐにフィールドに倒れ込むことがあります。しかしラグビーは、流血していようが、骨が折れてようが、フィールドに残って、戦い続けます。そういったラガーマンの姿を見てラグビーのことが好きになってしまう人もいます。

ラグビーのスピード感あふれる攻防の移り変わり!

ラグビーのスピード感あふれる攻防の移り変わり!

ハーフライン付近で攻めあぐねていたと思えば、パスやキックを駆使して一気に相手陣に攻め入るスピード感。ずっと攻撃していたと思ったら、敵のインターセプトからの独走でトライを許してしまったり。

スピード感が溢れる攻防の繰り返しはラグビーの魅力と言えるでしょう。

楕円のラグビーボールが面白い!

どこに転がるのかわからない楕円形のラグビーボール。どこに転がるのかわからないワクワク感、ハイボールのキャッチミス、楕円形だからこそ起こりうるワクワク感もラグビーの魅力です。

ラグビー日本代表応援あるある!

体格的に不利な日本代表なので応援したくなる

体格的に不利な日本代表なので応援したくなる

ラグビー日本代表も一般的に見たら、筋肉ムキムキかもしれませんが、海外のラグビー選手と比べるとひとまわり小さく見えます。そんな日本代表が、世界のラグビー強豪国を相手に怯むことなく互角に戦う選手の姿は、応援せずにはいられなくなります。

特に2019年の日本で開催されたラグビーW杯では、ラグビーを通して多くの人々を勇気づけ、日本に感動をもたらし、今までラグビーに興味がなかった人たちを魅了しました。

明るく仲がいいチームは応援したくなる!

ラグビー日本代表は、まさに「One for all, All for one」の精神を体現してくれています。そんなチームは仲が良く、明るい雰囲気であることが、テレビ越しに伝わってきました。チームメイトだけでなく、コーチ・スタッフ全員が同じ目標へ突き進む姿を見て、ラグビー日本代表を応援したくなった人もいるでしょう。

それでもラグビーに興味持てない・嫌いという声も...?

ラグビーのルールが難しい!

ラグビーが好きになれなかった人の理由として、ラグビーのルールの難しさが挙げられるでしょう。

ファールで試合が止められた時に、初心者にはファールの理由を瞬時に理解することが難しく、試合展開に付いていけない場面も多くあります。

また1チーム15名という大人数なのでポジションも多く、それぞれの役割が理解できない、といった声もあります。

ラグビーはハードすぎて痛々しい

コンタクトが強く激しいスポーツであるため、試合中に流血や打撲などが起こり、ハード過ぎて、人によっては観戦を楽しめないこともあるようです。

ラグビー日本代表は多国籍軍?

ラグビー日本代表ですが、半分近くが海外の選手だったりします。もはや日本代表なの?という声もよく上がったりします。

「ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?人気投票!」まとめ

空前絶後のラグビーブームと言える日本。ルールが難しいや日本代表が多国籍軍だったり様々な意見がありますが、トライに向けてチーム一丸となる姿に感動を覚え、ラグビーを好きになった人も多くいるでしょう。

あなたはラグビーが好きですか?嫌いですか?どっち派でしょう?

「ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?」の人気投票結果発表!

ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?のアンケート

ラグビーは好き

2019年ラグビーW杯から好きになった

ラグビーは好きじゃない

まだまだアンケート募集しています!ご協力ください!

ラグビー好き?嫌い?どっち?W杯で好きになった人の割合は?のアンケート

ラグビーは好き

2019年ラグビーW杯から好きになった

ラグビーは好きじゃない

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす