【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケート調査!

鮮やかな緑色で、シャキシャキした歯応えと独特の苦味が特徴の「ピーマン」。加熱調理はもちろん生食もでき、あらゆる料理に活用できる万能野菜のひとつです。

栄養価も抜群ですが、特に子供に多い「ピーマン嫌い」。実は私も、小さい時はピーマンが大の苦手でした…。

実際のところ、ピーマンは本当に食べた方がいい食材なのでしょうか?ピーマンを「まずい」と思っている人は、どれくらいいるのでしょうか?

今回バトクエでは、ピーマンの特徴や魅力をご紹介し、最後に『【ピーマン】好き?嫌い?どっち?』のアンケート結果を発表します!

アンケート中なので、あなたの意見も聞かせてください。

【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

【ピーマン】の特徴・魅力

【ピーマン】の特徴・魅力

ナス科の野菜「ピーマン」は、実はトウガラシを品種改良し、食べやすくした野菜です。トウガラシの品種の一つですが、辛み成分である「カプサイシン」は含んでいません。

通常のピーマンは未熟な緑色の実の部分を食用として収穫していますが、赤色・黄色・オレンジ・紫色などのカラーピーマンもあります。

パプリカもピーマンの品種のひとつで、赤色や黄色に成熟したものには甘味がありますが、未成熟の緑色のピーマンには独特の青い香りと苦味があります。

ビタミンCをはじめとした栄養価が豊富なうえ、炒め物や揚げ物はもちろん、サラダなどに生食することが可能。和洋中問わず活用できるピーマンは、食卓に欠かせない食材です。

【ピーマン】が使われる料理

「ピーマン」は、日本での歴史はあまり長くなく、一般家庭で普及したのは第二次世界大戦後と言われています。そのため、和食というより中華・洋食での活躍シーンが多い食材です。

  • ピーマンを使う主な料理
  • 青椒肉絲、酢豚
  • ピーマンの肉詰め
  • ラタトゥイユ
  • サラダ
  • 焼きそば
  • チャーハン、ケチャップライス
  • スープ
  • 漬物(ピクルス)

和食では、天ぷらやおひたしに調理されることが多く、炒め物やサラダなどにも便利に使える野菜です。

【ピーマン】の主な加工食品

栄養価が豊富な「ピーマン」は、多くの加工食品にも加工されています。代表的な加工食品は、野菜ジュースやスープなど。特に野菜ジュースには多く採用されている野菜です。

子供が苦手な野菜の代表とも言えるピーマンは、乾燥させたりペーストにしたりして、野菜スナックにも加工されています。

乾燥ピーマンやパプリカパウダーなどはそのままでも販売されており、さまざまな料理に活用することができます。

ピーマンは栄養価抜群!【ピーマン】に含まれる栄養素と効能

「ピーマン」は、他の野菜と比べても、非常に栄養価豊富な食材です!特にビタミンCとβ-カロテンの含有量が大変豊富で、積極的に食卓に取り入れたい大きな理由となります。

ビタミンCは、中くらいのピーマンなら4つ、赤いパプリカは1/3個、オレンジ色のパプリカに至ってはたった1/6個で1日に必要な量をとることができるほど豊富。

緑黄色野菜であるピーマンにはβ-カロテンも豊富で、特にオレンジ色のピーマンに多く含まれます。その他にも、

  • カリウム:むくみ防止
  • ビタミンE:抗酸化作用
  • 食物繊維:胃腸の働きを助ける
  • クロロフィル:抗酸化作用
  • ピラジン:血液をサラサラに

などの栄養素が含まれる、栄養価抜群の食材です。

ピーマンは、疲労回復や風邪予防に効果がある夏野菜です。豊富に含まれるビタミンCは美肌にも効果的なので、夏バテ&日焼け対策にぴったりの野菜と言えますね!

【ピーマン】は好き嫌いが分かれる?

【ピーマン】は好き嫌いが分かれる?

豊富な栄養素に調理のしやすさ。スーパーなどでも手軽に手に入るため、食卓の強い味方である「ピーマン」ですが、子供の頃に苦労した方が特に多い野菜のひとつです。

  • 大人になってから好きになった!
  • 少しずつ食べられるようになった
  • 中華料理に絶対欠かせない!

という方も見られる一方で、口コミを見ると大人でも苦手な方が多いようです。

【ピーマン】には「美味しくない / まずい」という口コミも…

子供の頃に苦労する野菜の代表「ピーマン」には、大人からも「美味しくない / まずい」という口コミも多く寄せられています。

  • 青臭さがまずい、未だに食べられない。
  • 苦くて美味しくない!ゴーヤもダメ。
  • ジャクジャクした舌触りが苦手…
  • 大人だからとか関係なく無理なものは無理

と、根深い苦手意識を感じさせられます。中には「子供の頃給食でどうしても食べられず、居残りさせられたのがトラウマで、それ以来避けている」という方も。。

【ピーマン】はどうして好き嫌いが分かれるのか?

「ピーマン」に好き嫌いが分かれる一番の理由は、独特の苦味。ピーマンの苦さは、「クエルシトリン」というポリフェノールにピーマンのにおいが加わることで感じるそうです。

「クエルシトリン」には高血圧の抑制や抗うつ効果もあるため、苦いだけではないのです!まさに「良薬口に苦し」と言える食材ですね。

ピーマンの苦味は、味覚が敏感な幼少期に、より強く感じてしまいます。そのため、成長するにしたがって、次第に食べられるようになる方が多いようです。

また、ピーマンはナス科の野菜であるため、ナスやきゅうりにもある独特の青臭さが苦手な理由になっている方もいます。

【ピーマン】嫌いを克服するには?

【ピーマン】嫌いを克服するには?

「ピーマン嫌い」を克服したい方は、ぜひ苦手なポイントを絞って対策してみましょう。

  • 苦味
  • 青臭さ
  • 食感

の3点に絞りながら、「ピーマン嫌い」を克服するためにオススメしたい商品をご紹介します!

からだシフト たんぱく質 ベジタブルスープ

ピーマンのジャクジャクした食感が苦手な方は、刻んでスープに入れて煮込むのがオススメです。しっかり煮込めば、ピーマンの食感をほとんど感じずにいただけるはず!

青臭さも、煮込むことでかなり和らぎます。ピーマン独特の青臭さが苦手な方にもオススメの調理方法です。

大冷 三色スライスピーマン 500g【冷凍】

実はピーマンは、冷凍保存が可能な食材です。しかも冷凍することで、青臭いにおいや苦味がかなり弱まります。

ピーマンの苦味と青臭さが苦手な方は、ぜひ冷凍保存を試してみてください!柔らかくもなるので、食べやすさもアップしますよ。

ユウキ MC パプリカ 440g

どうやってもピーマンが食べられない…そんな方は、ぜひパプリカパウダーを活用してみましょう!炒め物や煮込み料理に、香りと彩りを足すことができます。

そもそもパプリカは、ピーマンのように苦味がありません。パウダーになると青臭さもなく、オシャレなスパイスとして使うことができますよ!

【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!まとめ

豊富な栄養素と、独特な苦味のある風味が魅力の夏野菜「ピーマン」。パプリカや「こどもピーマン」など食べやすい品種も多く、食卓を華やかに彩ってくれる食材です。

一方で、独特の苦味と青臭さは子供が「まずい」と感じやすく、大人になっても苦手な方の多い野菜でもあります。

「ピーマン大好き!」「夏の食卓には欠かせない!」という方も、「小さい頃からずっと嫌い!」「どう考えてもまずい!」と思う方も、ぜひご意見お寄せくださいね。

「【ピーマン】好き?嫌い?どっち?」の投票結果の発表

【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだ募集しています

【ピーマン】好き?嫌い?どっち?ピーマンを『まずい』と思う割合を人気アンケートで調査!のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす