【ダイヤのA】青道高校 片岡監督の「名言」人気投票ランキング!

【ダイヤのA】青道高校 片岡監督の「名言」人気投票ランキング!

「ダイヤのA」は、王道野球を題材にした漫画・アニメで、長年にわたり人気を維持する今一番人気がある野球漫画と言っても過言ではありません。

そんな「ダイヤのA」には主人公沢村栄純が所属する青道高校の監督である片岡鉄心は、第二の安西先生と言われるほど、指導力・育成力が高く、多くの名言をいいます。

そこで今回バトクエでは、青道高校の名監督である片岡監督の名言を紹介し、『片岡監督の名言』の人気投票ランキングを行いたいと思います!

あなたの意見も聞かせてください!

【ダイヤのA】青道高校 片岡監督名言ランキング!のアンケート

ここで化けるか、それとも伸び悩むか、ほんの僅かなヒントを自分のモノにし急激に才能を開花させる・・俺はそういう選手に何人も出会ってきた

これからもずっと・・俺の誇りであってくれ

どんなに不細工なピッチングだろうが勝負に勝てるピッチャー、それが俺の求める真のエースだ!!

ラッキーな勝ち方でも・・泥臭い勝利でも何でもいい・・・・俺はあいつらを甲子園に連れていってやりたいー・・

目の前の試合を選手一丸、全力で戦えないチームが甲子園に行けるか!!

お前ら手を見せてみろ、手のひらだ・・柔らかく小さなマメだな、素振りが足りん証拠だ・・だが・・この新しく小さなマメ・・これは毎日バットを振ってなきゃできないマメだろう。マネージャーになりたい連中がどうしてまだバットを振ってるんだ?

力をつけてきた今こそ、しっかりと地に足をつけ・・一歩また一歩と、今までもそうやって前に進んで来ただろう?見失うなよ自分を。

人が一人で努力し成長するには限界があります。互いに意識し、競い合い、高め合うことができるライバルの存在、そういう仲間がいるからこそがんばれる、もっともっと成長してくれる。それこそ我々の想像など軽く超えてくれる程の。

すいません、力及ばず 監督を日本一にすることができませんでした

お前たち3年生と・・掴んだ勝利でもある

【片岡監督 名言】ここで化けるか、それとも伸び悩むか、ほんの僅かなヒントを自分のモノにし急激に才能を開花させる・・俺はそういう選手に何人も出会ってきた

沢村栄純が新しいフォームを試してみるも、コントロールが定まらず暴投を連発し、周囲からは交代というヤジが飛び交う中、何かをつかもうとしていることを瞬時に判断し、沢村栄純にチャンスを与えるシーンです。

沢村栄純は、滝川クリス優の助けもあり、見事新しいフォームを習得し、青道高校の戦力へと成長できたきっかけを与えた名言です。

【片岡監督 名言】これからもずっと・・俺の誇りであってくれ

片岡監督の最高の名言の候補ではないでしょうか。正確には次の言葉です。

これまでの2年間・・お前らは本当によくがんばった。熾烈なレギュラー争いに厳しい練習・・辛く悔しい想いなどいくらでもしたことだろう。だがお前らは決してくじけず最後までこの俺についてきてくれた・・これからもずっと・・俺の誇りであってくれ

ベンチ入りできなかった3年生に対して贈った言葉です。

甲子園を目指す名門高校である以上、3年生全員に背番号を渡すことはできません。戦力とみなされれば、1年生、2年生に背番号を与える必要があります。

残酷な決断ですが、引退する3年生に対して片岡監督から最大の敬意が込められたこの言葉は、ベンチ入りできなかった3年生が片岡監督の決断を受け入れることになります。

【片岡監督 名言】どんなに不細工なピッチングだろうが勝負に勝てるピッチャー、それが俺の求める真のエースだ!!

綺麗事ではなく、精神とマウンドの立ち振る舞い、そして結果を出せるピッチャーをエースと認める、という片岡監督のエース像を語った名言です。

春の甲子園で全国区の活躍をした降谷暁に比べて不細工なピッチングかもしれませんが、諦めない精神と努力で結果を残し続けた沢村栄純には、2年生の夏にエースナンバーを与えました。

【片岡監督 名言】ラッキーな勝ち方でも・・泥臭い勝利でも何でもいい・・・・俺はあいつらを甲子園に連れていってやりたいー・・

片岡監督がいままで育ててきた選手たちの中で最も努力し最も成長したのが、沢村栄純が1年生の時の3年生の代。

そんな3年生を思っての言葉。しみますね...

【片岡監督 名言】目の前の試合を選手一丸、全力で戦えないチームが甲子園に行けるか!!

最も成長した結城哲也たちの代が引退したあと、不甲斐ない戦いをしてしまう御幸一也の代への叱咤激励の言葉です。

【片岡監督 名言】お前ら手を見せてみろ、手のひらだ・・柔らかく小さなマメだな、素振りが足りん証拠だ・・だが・・この新しく小さなマメ・・これは毎日バットを振ってなきゃできないマメだろう。マネージャーになりたい連中がどうしてまだバットを振ってるんだ?

青道高校の戦力となりたいけど、実力が伴わず、マネージャーとしてチームに貢献することができると考えた渡辺久志たちへ贈った言葉です。

高校野球部員である以上、後悔のないように最後まで足掻き続けろという、厳しい言葉ですが、片岡監督は選手を平等に見ているという裏返しにもなります。

【片岡監督 名言】力をつけてきた今こそ、しっかりと地に足をつけ・・一歩また一歩と、今までもそうやって前に進んで来ただろう?見失うなよ自分を。

新しい変化球を覚え、見事に1失点で完投した沢村栄純に対して、その実力を認め、そしてさらなる成長を促した言葉です。

調子に乗らず、今まで通り努力を怠らず、一歩ずつ進んで行く決意を促し、沢村栄純はさらなる高みへと成長していきます。

【片岡監督 名言】人が一人で努力し成長するには限界があります。互いに意識し、競い合い、高め合うことができるライバルの存在、そういう仲間がいるからこそがんばれる、もっともっと成長してくれる。それこそ我々の想像など軽く超えてくれる程の。

降谷暁ばかり注目される中、降谷暁の成長には沢村栄純の成長があったからこそと、落合コーチに理解を促しています。

そして沢村栄純にも、片岡監督の想像を超えるほどの成長が期待しており、二人の成長を暖かく平等に見守る暖かい名言です。

【片岡監督 名言】すいません、力及ばず 監督を日本一にすることができませんでした

前任の榊元監督の教え子であった片岡監督は、挨拶もできない生意気だった高校1年生の頃から、惜しみない努力で成長し、最終的には甲子園準優勝投手になりました。

しかしどうしても榊元監督を日本一の監督にしたかった片岡監督が高校生の時にいった名言です。

高校の時にこんな言葉を言えるまで、精神・心も成長した片岡監督はプロへ行かずに高校野球へ恩返しする道を選ぶのでした。

【片岡監督 名言】お前たち3年生と・・掴んだ勝利でもある

沢村栄純の1年生の秋の東京都大会で優勝し、見事に春の甲子園への切符を勝ち取った際に、放った名言です。

引退した結城哲也たち3年生の代は、片岡監督が指導した中でもっとも、努力し成長した学年でした。そして結城哲也たちの練習に対する姿勢は、青道高校の土台となり、御幸一也、沢村栄純へと受け継がれています。

まさに結城哲也たち3年生がいなければ成し遂げることができなかった偉業に対して、結城哲也たち3年生、生徒たちに頭を下げた感動的なシーンの名言です。

「【ダイヤのA】青道高校 片岡監督名言ランキング!」のまとめ

ダイヤのAの青道高校の片岡監督は、非常に指導力、育成力がある監督で、様々な心に響く名言をいいます。とくに沢村栄純と降谷暁に対する指導力や、高校生である生徒に深々と頭を下げる人間性は、誰もが敬意をいだくのではないでしょうか。

『【ダイヤのA】青道高校 片岡監督名言ランキング!』アンケート結果の発表!

【ダイヤのA】青道高校 片岡監督名言ランキング!のアンケート

ここで化けるか、それとも伸び悩むか、ほんの僅かなヒントを自分のモノにし急激に才能を開花させる・・俺はそういう選手に何人も出会ってきた

これからもずっと・・俺の誇りであってくれ

どんなに不細工なピッチングだろうが勝負に勝てるピッチャー、それが俺の求める真のエースだ!!

ラッキーな勝ち方でも・・泥臭い勝利でも何でもいい・・・・俺はあいつらを甲子園に連れていってやりたいー・・

目の前の試合を選手一丸、全力で戦えないチームが甲子園に行けるか!!

お前ら手を見せてみろ、手のひらだ・・柔らかく小さなマメだな、素振りが足りん証拠だ・・だが・・この新しく小さなマメ・・これは毎日バットを振ってなきゃできないマメだろう。マネージャーになりたい連中がどうしてまだバットを振ってるんだ?

力をつけてきた今こそ、しっかりと地に足をつけ・・一歩また一歩と、今までもそうやって前に進んで来ただろう?見失うなよ自分を。

人が一人で努力し成長するには限界があります。互いに意識し、競い合い、高め合うことができるライバルの存在、そういう仲間がいるからこそがんばれる、もっともっと成長してくれる。それこそ我々の想像など軽く超えてくれる程の。

すいません、力及ばず 監督を日本一にすることができませんでした

お前たち3年生と・・掴んだ勝利でもある

まだまだアンケート実施中です!ぜひアンケートに投票してください!

【ダイヤのA】青道高校 片岡監督名言ランキング!のアンケート

ここで化けるか、それとも伸び悩むか、ほんの僅かなヒントを自分のモノにし急激に才能を開花させる・・俺はそういう選手に何人も出会ってきた

これからもずっと・・俺の誇りであってくれ

どんなに不細工なピッチングだろうが勝負に勝てるピッチャー、それが俺の求める真のエースだ!!

ラッキーな勝ち方でも・・泥臭い勝利でも何でもいい・・・・俺はあいつらを甲子園に連れていってやりたいー・・

目の前の試合を選手一丸、全力で戦えないチームが甲子園に行けるか!!

お前ら手を見せてみろ、手のひらだ・・柔らかく小さなマメだな、素振りが足りん証拠だ・・だが・・この新しく小さなマメ・・これは毎日バットを振ってなきゃできないマメだろう。マネージャーになりたい連中がどうしてまだバットを振ってるんだ?

力をつけてきた今こそ、しっかりと地に足をつけ・・一歩また一歩と、今までもそうやって前に進んで来ただろう?見失うなよ自分を。

人が一人で努力し成長するには限界があります。互いに意識し、競い合い、高め合うことができるライバルの存在、そういう仲間がいるからこそがんばれる、もっともっと成長してくれる。それこそ我々の想像など軽く超えてくれる程の。

すいません、力及ばず 監督を日本一にすることができませんでした

お前たち3年生と・・掴んだ勝利でもある

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす