【歴代最強「ポストプレーヤー」人気投票ランキング】ポストプレーが一番上手なサッカー日本代表は誰?

【歴代最強「ポストプレーヤー」人気投票ランキング】ポストプレーが一番上手なサッカー日本代表は誰?

サッカー日本代表の歴代「フォワード」の中で、ポストプレーが一番上手な選手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

サッカーのフォワードには様々な役目があり、その中の一つとして「ポストプレー」があります。ポストプレーには、前線で攻撃の起点となったり、ボールをキープしチームのリズムを作ったりすることを求められます。

そこで今回は、サッカー日本代表のポストプレーが上手なフォワードを紹介し、『サッカー日本代表歴代最強の「ポストプレーヤー」は誰?』という人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

サッカー日本代表歴代最強の「ポストプレーヤー」は誰?のアンケート

大迫 勇也

本田 圭佑

鈴木 隆行

城 彰二

【大迫 勇也】フィジカルが必要なドイツで通用するポストプレー

【大迫 勇也】フィジカルが必要なドイツで通用するポストプレー

大迫 勇也は、2013年から日本代表に選出され、サッカー日本代表のフォワードとして活躍しています。2014年ブラジルW杯では2試合に出場しました。2018年ロシアW杯では4試合に出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。

安定したポストプレーが魅力の大迫 勇也

大迫 勇也の最大の魅力は、ポストプレーとボールキープ力です。

大迫 勇也はフィジカルが強いだけではなく、体の使い方、相手にぶつかるタイミングなど、ボールを受ける技術が非常に高いため、ボールを巧みにキープし、ポストプレーで周りの攻撃陣を生かすことができます。

日本人離れしたそのポストプレーとボールキープ力は、日本代表の攻撃に欠かすことはできません。

ポストプレーからの展開も上手な大迫 勇也

大迫 勇也はドリブル、シュート、相手との駆け引きなど、フォワードに必要なことは卒なくこなしますが、パスの能力も非常に高いこともあり、ポストプレーからの展開する能力は高く評価されています。

ただボールをキープするだけではなく、周囲と連携しチャンスを作れることも大迫 勇也の魅力の一つと言えるでしょう。

  • 【サッカー日本代表 フォワード】大迫 勇也のすごいところ
  • ポストプレーとボールキープ力は日本人離れした能力を持つフォワード
  • サッカー日本代表出場数は45試合出場15得点(※2019年時点)

【本田 圭佑】ポストプレーからの展開が絶妙!

【本田 圭佑】ポストプレーからの展開が絶妙!

本田 圭佑は、2008年から日本代表に選出され2018年まで、サッカー日本代表のウィング、センターフォワードやトップ下として活躍しました。2010年南アフリカW杯で全試合に出場しベスト16進出へ貢献、2014年ブラジルW杯では全試合に出場するもグループリーグ敗退、2018年ロシアW杯もに出場しセネガル戦でゴールを決めるなどベスト16進出へ大きく貢献しました。

本田 圭佑は、オランダのVVV、ロシアのCSKAモスクワを経由し、セリエAの古豪ミランに移籍し背番号10をつけたことで話題になりました。その後はメキシコやオーストラリアなどの海外をわたり、2019年現在カンボジアの代表監督をしています。

本田 圭佑のボールキープ力は日本人離れ

本田 圭佑のボールキープ力が高く、アジアレベルであればボールを取られるシーンはほとんどありません。フィジカルが強く、海外でも当たり負けするシーンはほとんどありません。高いボールキープ力でピッチの真ん中でボールキープし、味方にボールをパスし、ゲームを組み立てます。いわゆるポストプレーが本田 圭佑の大きな武器といえます。

本田 圭佑は、2010年南アフリカW杯でセンターフォワードとして活躍

2010年の南アフリカW杯では、そのボールキープ力を生かし、本来のトップ下やウィングというポジションではなく、センターフォワードでポストプレーを担当しました。作戦は見事にはまり、4試合全てに出場し2ゴールを決めました。

本田 圭佑は、左足のキック精度は世界レベルと言え、ポストプレーからの展開やキラーパスで、攻撃に大きく貢献しました。

  • 【サッカー日本代表 フォワード】本田 圭佑のすごいところ
  • フィジカルとキック精度を生かしたポストプレーが魅力のフォワード
  • サッカー日本代表出場数は98試合出場37得点

【鈴木 隆行】前線でタメを作れるポストプレーが魅力

【鈴木 隆行】前線でタメを作れるポストプレーが魅力

鈴木 隆行は、2001年から日本代表に選出され2005年まで、サッカー日本代表のフォワードとして活躍しました。2002年日韓W杯では4試合全てに出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。

フィジカルが強くボールキープ力がすごい鈴木 隆行

鈴木 隆行の最大の魅力は、ボールキープ力です。強いフィジカルでボールをキープし、タメを作ったり、追い越す選手へスルーパスを出したり、前線で体を張って攻撃の起点を作るポストプレーに長けていました。

またポストプレー時にファウルをもらうことが得意で、いつも素晴らしい位置でフリーキックのチャンスを獲得するため、ファンからは『師匠』と呼ばれたりして愛されました。

  • 【サッカー日本代表 フォワード】鈴木 隆行のすごいところ
  • 強いフィジカルをもち、ポストプレーで前線の攻撃の起点になれるフォワード
  • サッカー日本代表出場数は55試合出場11得点

【城 彰二】スペインで高く評価されたポストプレー

【城 彰二】スペインで高く評価されたポストプレー

城 彰二は、1995年から日本代表に選出され2001年まで、サッカー日本代表のフォワードとして活躍しました。1998年フランスW杯では全試合に出場しました。

また城 彰二は、スペインのリーガ・エスパニョーラ1部で、初めて出場し、初めて得点を記録した初の日本人選手として知られています。

ワンタッチの精度を生かしたポストプレーが魅力の城 彰二

城 彰二は、シュート精度、ドリブル、ポストプレー、ダイレクトプレーなど、全てのプレイで高い能力をもっていました。その中でスペインのリーガ・エスパニョーラで高く評価されたのが、ポストプレーでした。

ボールをキープし展開するポストプレーではなく、城 彰二はワンタッチで早く攻撃を組み立て、前線で周囲とうまく連携し攻撃の起点となりました。城 彰二のポストプレーはスペインでも高く評価され、1年を通してレギュラーを勝ち取りました。

  • 【サッカー日本代表 フォワード】城 彰二のすごいところ
  • ポストプレーやヘディングなどのダイレクトプレイが秀逸
  • サッカー日本代表出場数は35試合出場7得点

『歴代最強「ポストプレーヤー」人気投票ランキング』のまとめ

最近では大迫 勇也のポストプレーが多く取り上げられますが、本田 圭佑や鈴木 隆行などもポストプレーが上手なことでサッカー日本代表の歴史に名を残しています。皆さんの考えるサッカー日本代表の歴代最強のポストプレーヤーは誰でしょうか。

それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です!

サッカー日本代表歴代最強の「ポストプレーヤー」は誰?のアンケート

大迫 勇也

本田 圭佑

鈴木 隆行

城 彰二

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

サッカー日本代表歴代最強の「ポストプレーヤー」は誰?のアンケート

大迫 勇也

本田 圭佑

鈴木 隆行

城 彰二

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす