葛城ミサトのテレビ版と新劇場版の違い&好き?嫌い?人気投票|エヴァンゲリオン

葛城ミサトのテレビ版と新劇場版の違い&好き?嫌い?人気投票|エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオンは、世界中にファンがいる超有名・超人気アニメです。ストーリーが難しいことで知られるエヴァンゲリオンですが、何度も見て深い設定を理解し、エヴァの世界観に魅了される人は多くいます。

しかしエヴァンゲリオンの人気の最大の秘密は、やはり魅力的で個性的なキャラクターといっても過言ではありません。

そこで今回は、憧れのお姉さん的存在である葛城ミサトの簡単な紹介と、「【エヴァンゲリオン】葛城ミサトは、好き?嫌い?」というアンケートをとった人気投票ランキングを発表します。

まずは、あなたは葛城ミサトをどう思っているか、教えてください。

  • 記事の最後に投票結果を掲載しています

【エヴァンゲリオン】葛城ミサトは、好き?嫌い?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

葛城ミサト(かつらぎ みさと)のキャラ紹介

葛城ミサト(かつらぎ みさと)のキャラ紹介

葛城ミサトは、NERVに所属しており、碇シンジと惣流(式波)・アスカ・ラングレーの上司、および生活の保護者(実際は保護されている?)です。NERVでは、使徒殲滅における作戦立案とEVAの戦闘指揮官が仕事となります。

奇抜な発想でEVAを指揮するかっこいい女性な一面と、冷蔵庫の中がビールのみ、料理の腕が殺人的、家の中が汚いといったプライベートのダメな一面を併せ持っています。

葛城ミサトの経歴

葛城ミサトは、南極で起きたセカンドインパクトを間近で経験した唯一の生存者ですが、父親を亡くし精神的外傷を負ってしまいます。使徒には強い憎しみの感情を持ち、それがNERVに所属するきっかけにもなりました。

大学時代に赤木リツコや加持リョウジと知り合い友情を育みます。葛城ミサトは加持リョウジとは恋人になり、その後一度別れるものの加持リョウジの帰国をきっかけに再び仲が回復します。

しかし人類補完計画の真実を裏で追い求めた加持リョウジが何者かに暗殺されてしまうと、葛城ミサトは次第に加持リョウジの目的を代わりに遂行し、セカンドインパクトや人類補完計画の真実を追うようになります。

新劇場版の葛城ミサトの経歴・設定は大きく異なっているので、後述を参考ください。

葛城ミサトの性格

葛城ミサトの私生活はガサツでズボラでダラシない

葛城ミサトは、仕事もでき、常に明るく周囲に気を遣う一面を持ち、非常に優れた大人の魅力満載のお姉さんキャラです。

しかし、葛城ミサトの私生活はガサツでズボラでダラシなく、家事はできない、掃除はできない、冷蔵庫にはビールしか入っていない、まるでダメなおっさんのような29歳独身の女性です。

生活保護者として碇シンジや惣流(式波)・アスカ・ラングレーを引き取りますが、家事はほとんど碇シンジが担当しています。とはいえ、生活保護者を引き受けるその性格は、人情味あふれる優しい一面を持ち合わせます。

【葛城ミサト】テレビ版・旧劇場版・漫画版・新劇場版の違い

テレビ版・旧劇場版の葛城ミサト

テレビ版・旧劇場版の葛城ミサト

24話までのストーリーはテレビ版と同じです。テレビ版と旧劇場版との違いは、25話と26話のストーリーの内容が異なります。

葛城ミサトは、加持リョウジの意思を継ぎ真実の調査を進めつつ、使徒を全て殲滅しましたが、ゼーレと碇ゲンドウの仲違いもあり、NERV本部にゼーレの部隊が襲撃してきます。最終的には碇シンジを庇い銃撃をうけ、戦死してしまいます。

  • 旧劇場版の葛城ミサトの設定の違い
  • テレビ版の25話・26話のリメイクが旧劇場版となり、ストーリーの結末は異なる
  • 葛城ミサトの基本的な設定はほとんど変わらない
  • 最終的に碇シンジを庇い戦死する

漫画版の葛城ミサト

漫画版の葛城ミサト

ストーリーの流れは基本的には旧劇場版と同じですが、キャラの設定だったり、細かいエピソードが微妙に異なったりします。

葛城ミサトも大枠の設定や扱いは同じです。

テレビ版・旧劇場版と同様に碇シンジを庇い死んでしまいます。しかしサーボインパクトが発動した後、復元された世界では葛城ミサトのペンダントを碇シンジが所有していました。(葛城ミサトが復活したシーンは描かれていません。)

  • 漫画版の葛城ミサトの設定の違い
  • ストーリーは、1~24話のテレビ版と旧劇場版とほぼ同じ
  • 葛城ミサトの性格や経歴はほぼ同じ
  • サードインパクトの後、葛城ミサトの復活は描かれていない

新劇場版の葛城ミサト

新劇場版の葛城ミサト

新劇場版は、エヴァンゲリオンを1話から完全にリメイクしており、ストーリーの流れは序盤(第1作「序」〜第2作「破」の途中まで)こそテレビ版に沿っていたものの、途中から大きく変わり、新キャラも登場したりします。

葛城ミサトのキャラの設定・ストーリー上の扱いが大きく異なってきます。

葛城ミサトの経歴等の設定面の大きな変更はありません。第1作「序」と第2作「破」では葛城ミサトの役割やストーリーの流れはほとんどテレビ版と同様でした。

しかし第3作「Q」では、14年後の世界が描かれているので、なんと葛城ミサトは29歳から43歳に。NERVから離脱し、反NERV組織「WILLE(ヴィレ)」の大佐として、空中戦艦「AAAヴンダー」の艦長を務めています。

葛城ミサトは29歳から43歳に

容姿も大きく変わり、前髪が伸び、セミロングヘアを後ろで束ねています。なにより大きく変わったのが、精神面。29歳の時は、仕事が優秀な一面とズボラなプライベートのギャップに愛嬌がありましたが、43歳の葛城ミサトは何よりも目的優先する冷酷な一面が目立つようになりました。

特に弟・息子のように可愛がっていた碇シンジに対しては、無視したり、行動を抑止するため爆弾が埋め込まれた首輪をつけさせたりするほどです。

新劇場版の第4作が今後公開されるので、どのように葛城ミサトが活躍するのか、楽しみですね。

  • 新劇場版の葛城ミサトの設定の違い
  • ストーリーは、序盤はテレビ版と同じだが、途中から大きく異なる
  • 葛城ミサトの性格
    • 第1作「序」・第2作「破」の性格はあまり変わらない
    • 第3作「Q」から冷酷さが増す
  • 葛城ミサトのストーリー上の扱い
    • 第1作「序」・第2作「破」のストーリー上の扱いはあまり変わらない
    • 3作目「Q」からNERVを離脱し、「WILLE」に所属する
    • 14年後の世界で、43歳になる

「葛城ミサトのテレビ版と新劇場版の違い&好き?嫌い?人気投票|エヴァンゲリオン」のまとめ

エヴァンゲリオンの憧れのお姉さん的存在「葛城ミサト」。プライベートと仕事のギャップ、親しみやすい性格から大人気キャラの一人です。

旧劇場版や漫画版では悲しい最後を迎えましたが、新劇場版では全く違う展開のため、どのように展開していくのか楽しみでもあります。4作目「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」が楽しみですね。

それでは葛城ミサトの人気投票結果の発表です。

『【エヴァンゲリオン】葛城ミサトは好き?嫌い?どっち?』アンケート結果の発表!

【エヴァンゲリオン】葛城ミサトは、好き?嫌い?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

まだまだアンケート実施中です!ぜひアンケートに投票してください!

【エヴァンゲリオン】葛城ミサトは、好き?嫌い?のアンケート

★★★★★(大好き)

★★★★(好きかな)

★★★(普通)

★★(嫌いじゃないけど)

★(嫌い)

コメントを投稿する

投稿されたコメント

ミサトさんかっこいいし可愛い
2021-03-28 15:00:00
BatQue

BatQue(バトクエ)は、この世界のハッキリしていないことに、あなたの投票で決着をつけるアンケートサイトです。あなたが作ったアンケートにみんなが答えたり、気になるアンケートに投票したりしよう!