サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票ランキング!

サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票ランキング!

サッカー日本代表の歴代「センターフォワード」で最高・最強の選手は誰だ?と聞かれたら、皆さんは誰をあげますか?

センターフォワードは、フォワードの真ん中、もしくは中央付近に位置するポジション。得点をあげたり、ポストプレーでチームのリズムを作ったり、前線からの守備をしたり、チームの戦術によって求められる役割が大きく異なったりもします。

そこで今回は、サッカー日本代表で活躍したセンターフォワードを紹介し、『サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票!』という人気投票のランキング結果を発表します。

まずは皆さんの意見を教えてください♪

  • 今回は日本代表として30試合以上に出場した選手の中からアンケートを取っています。

サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票!のアンケート

大迫 勇也

岡崎 慎司

大久保 嘉人

高原 直泰

鈴木 隆行

城 彰二

中山 雅史

三浦 知良

釜本 邦茂

【大迫 勇也】ポストプレー・ボールキープ力が魅力のセンターフォワード

【大迫 勇也】ポストプレー・ボールキープ力が魅力のセンターフォワード

大迫 勇也は、2013年から日本代表に選出され、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しています。2014年ブラジルW杯では2試合に出場しました。2018年ロシアW杯では4試合に出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。

安定したポストプレーが魅力の大迫 勇也

大迫 勇也の最大の魅力は、ポストプレーとボールキープ力です。

大迫 勇也はフィジカルが強いだけではなく、体の使い方、相手にぶつかるタイミングなど、ボールを受ける技術が非常に高いため、ボールを巧みにキープし、ポストプレーで周りの攻撃陣を生かすことができます。

日本人離れしたそのポストプレーとボールキープ力は、日本代表の攻撃に欠かすことはできません。

万能型フォワードといえる大迫 勇也

大迫 勇也はドリブル、シュート、相手との駆け引きなど、フォワードに必要なことは卒なくこなしますが、パスの能力も非常に高いこともあり、ポストプレーからの展開する能力は高く評価されています。

ただボールをキープするだけではなく、周囲と連携しチャンスを作れることも大迫 勇也の魅力の一つと言えるでしょう。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】大迫 勇也のすごいところ
  • ポストプレーとボールキープ力は日本人離れした能力を持つセンターフォワード
  • サッカー日本代表出場数は45試合出場15得点(※2019年時点)

【岡崎 慎司】高い決定率と泥臭いプレースタイルでチームに欠かせないセンターフォワード

【岡崎 慎司】高い決定率と泥臭いプレースタイルでチームに欠かせないセンターフォワード

岡崎 慎司は、2008年から日本代表に選出され、サッカー日本代表のフォワードとして活躍しています。2010年南アフリカW杯では4試合全てに途中出場、2014年ブラジルW杯では3試合全てに出場、2018年ロシアW杯では3試合に出場しました。W杯3大会連続で出場し、2019年現在でまだ代表を引退していません。

ドイツのブンデスリーガで、2シーズン連続の2桁得点をあげたり、イングランドのプレミアリーグのレスター・シティで、プレミアリーグ優勝へ貢献するなど、岡崎 慎司は海外で結果を残し続けたフォワードとして知られています。

岡崎 慎司といえば、裏へ抜け出しワンタッチゴール!

岡崎 慎司の最大の魅力は、オフ・ザ・ボールの動きです。

岡崎 慎司は、ディフェンダーとの駆け引きが非常に巧みで、オフ・ザ・ボールの動きで裏へ抜け出し、ワンタッチでゴールを決めます。

またストライカー気質が高く、思い切りの良さもあり、どんどんシュートを放ちます。

岡崎 慎司の泥臭いプレースタイルは攻守にわたりチームに貢献

岡崎 慎司は、何が何でもゴールを奪うという気迫にあふれたプレーをします。たとえば怪我を恐れない気迫のこもったダイビングヘッドです。

また守備意識も高く、豊富な運動量で前線からのプレスを怠らず、ボールを追いかけ続けます。試合が終わると岡崎 慎司のユニフォームは大概泥まみれになっています。

攻守にわたり泥臭いプレースタイルは、代表や所属チームの監督から強い信頼を得ました。代表ではセンターフォワードやウィングを任されることが多かったですが、守備意識の高さが評価され、所属チームではサイドハーフを任されることもありました。

決定率の高さを誇る岡崎 慎司

岡崎 慎司の凄さで忘れてはいけないのが、決定力の高さです。日本代表では、119試合に出場し50得点をあげています。釜本 邦茂や三浦 知良といったゴールを奪うということに特化したセンターフォワードを除けば、ダントツNo1の得点率を誇ります。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】岡崎 慎司のすごいところ
  • オフ・ザ・ボールの動きでDFをはがして、ワンタッチでゴールを奪うセンターフォワード
  • ウィングを任されることも多い中、高い得点率を誇る
  • 泥臭いプレースタイルで攻守にわたりチームに貢献する
  • サッカー日本代表出場数は119試合出場50得点(※2019年時点)

【大久保 嘉人】日本最高のストライカー候補といえるセンターフォワード

【大久保 嘉人】日本最高のストライカー候補といえるセンターフォワード

大久保 嘉人は、2003年から日本代表に選出され2014年まで、サッカー日本代表のフォワード、特にウィングやセカンドトップとして活躍しました。2010年南アフリカW杯では4試合に出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。また2014年ブラジルW杯では3試合に出場しました。

日本代表では、主に左右のウィングとして活躍しましたが、所属クラブではセンターフォワード、トップ下、ボランチなど幅広いポジションで活躍しました。

大久保 嘉人の動き出しは天下一品!

大久保 嘉人の最大の魅力は、その動き出しです。DFの裏をとる動き、DFを剥がしてボールをもらう動き、というのがずば抜けています。

そしてボールを受け取った後の大久保 嘉人は決定力も非常に高く、ワンタッチで相手を交わしてゴールを決めたり、ダイレクトでゴールを決めたりします。

日本代表でこそウィングを任されることが多かったので6得点とそこまでゴール数を記録できませんでしたが、Jリーグでは3年連続得点王に輝くなどセンターフォワードとしてゴールを量産しました。

大久保 嘉人は何をしても一流!

大久保 嘉人にはまだまだ魅力があります。

まずはミドルシュートの精度が高いこと。ゴールに対して貪欲なため、ペナルティエリアの外からのミドルシュートをどんどん放ち、ゴールを量産します。

次にキック精度が高いこと。クラブでは攻撃的ミッドフィルダーとして活躍することも多かったため、クロスやロングフィード、スルーパスなどの精度が高く、ゲームメイク能力も兼ね備えています。

最後にチームへの献身性。しっかりと前線からプレスをかけることもできるので、ウィングやサイドハーフを任された時は、前線から相手にアグレッシブにボールを奪いに行きます。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】大久保 嘉人のすごいところ
  • DFを剥がす動き出し能力、ゴール決定力が非常に高いセンターフォワード
  • ミドルシュートやパス、前線から激しいプレスなど、幅広い能力が一流
  • サッカー日本代表出場数は60試合出場6得点

【高原 直泰】万能型のセンターフォワードであり、エゴを持ったストライカー

【高原 直泰】万能型のセンターフォワードであり、エゴを持ったストライカー

高原 直泰は、2000年から日本代表に選出され2008年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。2006年ドイツW杯では3試合に出場しました。

ドイツのブンデスリーガで11得点をあげるなど、欧州主要リーグの二桁得点は中田 英寿以来の快挙であり、2000年代の日本代表の名実ともにNo1ストライカーでした。

高原 直泰は、日本には珍しい典型的なストライカー

高原 直泰の最大の魅力は、海外のストライカーに近いくらいエゴを押し通すことができたことでしょう。

強引なドリブル突破や、パス出せてもシュートを打ったり、日本には珍しいストライカータイプ。高原 直泰はそれが許されるくらいストライカーとしての高い能力を持っていました。

高原 直泰は、欠点が見当たらない万能型センターフォワード

ヘディングシュート、ドリブルしてからのシュート、左右両足から放たれる正確なシュート、ダイレクトシュート、裏へ抜け出してシュート、そしてポストプレー、それらすべてのプレーを高原 直泰は、高いレベルでこなすことができます。

まさに欠点がない万能型センターフォワードとして、高原 直泰は得点を量産しました。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】高原 直泰のすごいところ
  • 日本では珍しいエゴを押し通せるストライカー
  • フォワードに必要な要素がすべて高いレベルを誇る万能型センターフォワード
  • サッカー日本代表出場数は57試合出場23得点

【鈴木 隆行】泥臭い前線からのプレスとポストプレーが魅力のセンターフォワード

【鈴木 隆行】泥臭い前線からのプレスとポストプレーが魅力のセンターフォワード

鈴木 隆行は、2001年から日本代表に選出され2005年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。2002年日韓W杯では4試合全てに出場し、日本代表のベスト16進出へ大きく貢献しました。

海外に通用するフィジカルの強さ鈴木 隆行

鈴木 隆行の最大の魅力は、ボールキープ力です。強いフィジカルでボールをキープし、タメを作ったり、追い越す選手へスルーパスを出したり、前線で体を張って攻撃の起点を作るポストプレーに長けていました。

またポストプレー時にファウルをもらうことが得意で、いつも素晴らしい位置でフリーキックのチャンスを獲得するため、ファンからは『師匠』と呼ばれたりして愛されました。

鈴木 隆行の泥臭いプレースタイルは、ファンだけでなく歴代監督からも支持された

鈴木 隆行は、前線から激しくプレスにいったり、自陣までボールを追いかけてディフェンスしたり、非常に泥臭いプレイスタイルでチームに貢献しました。

90分間走り抜くそのプレイスタイルは、ファンからも監督からも支持されました。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】鈴木 隆行のすごいところ
  • 強いフィジカルをもち、ポストプレーで前線の攻撃の起点になれるセンターフォワード
  • 前線から激しいプレス、自陣まで戻るディフェンス、泥臭いプレイを惜しまない
  • サッカー日本代表出場数は55試合出場11得点

【城 彰二】日本人初のスペイン1部でレギュラーを勝ち取ったセンターフォワード

【城 彰二】日本人初のスペイン1部でレギュラーを勝ち取ったセンターフォワード

城 彰二は、1995年から日本代表に選出され2001年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。1998年フランスW杯では全試合に出場しました。

また城 彰二は、スペインのリーガ・エスパニョーラ1部で、初めて出場し、初めて得点を記録した初の日本人選手として知られています。

城 彰二は、トータルバランスが取れたセンターフォワード

城 彰二の最大の魅力はというと、答えるのは少し難しいかもしれません。シュート精度、ドリブル、ポストプレー、ダイレクトプレーなど、全てのプレイで高い能力をもっていました。強いて言うのであれば、ヘディングなどのダイレクトプレーとポストプレーはスペインでも高く評価され、1年を通してレギュラーを勝ち取りました。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】城 彰二のすごいところ
  • トータルバランスが良いセンターフォワード
  • ポストプレーやヘディングなどのダイレクトプレイが秀逸
  • サッカー日本代表出場数は35試合出場7得点

【中山 雅史】ゴールへの嗅覚が秀逸!ごっつぁんゴールで得点を量産するセンターフォワード

【中山 雅史】ゴールへの嗅覚が秀逸!ごっつぁんゴールで得点を量産するセンターフォワード

中山 雅史は、1990年から日本代表に選出され2003年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。1993年「ドーハの悲劇」の経験者であり、1998年フランスW杯では3試合に出場し、W杯の日本人初得点を記録しました。2002年の日韓W杯では、サプライズ招集を受け、1試合に途中出場しました。

中山 雅史は、「ゴン中山」という愛称で愛され、2016年まで通算J1最多得点(157得点)記録保持者としても知られたフォワードでした。

中山 雅史のゴールへの嗅覚がずば抜けている!

中山 雅史の最大の魅力は、日本人離れしたゴールへの嗅覚です。中山 雅史は自他共に認めるほどテクニック能力が低いですが、その日本人離れしたゴールへの嗅覚でいつも大事な場面で活躍してきました。

センタリングに飛び込んでゴールを奪ったり、裏へ抜け出しゴールを決めたり、そういったオーソドックスなゴールを決めたりもしますが、やはり一番印象に残っているのは、こぼれ球を押し込む『ごっつぁんゴール』なのではないでしょうか。

なぜかそこにいる、というゴールへの嗅覚は中山 雅史以上の選手はいないのではないでしょうか。

がむしゃらなプレイスタイルで誰からも愛される中山 雅史

中山 雅史は、『何が何でもボールに食らいつく』というがむしゃらなプレイスタイル。パスを出せば常に全力で食らいつき、守備の時は常に全力でボールを追いかけ回すプレースタイルに、ファン、そしてチームメイトからも愛されたのが、中山 雅史と言えるでしょう。

日本代表でも所属チームでも中山 雅史のチームメイトは、こぞって中山 雅史にボールを集めました。集めたというより、集めさせたくなると言った方が良いでしょう。そしてゴールを量産し、サッカー日本代表の歴史に名を残しました。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】中山 雅史のすごいところ
  • ゴールへの嗅覚がずば抜けたセンターフォワード
  • がむしゃらなプレイスタイルで、ファンからもチームからも愛された
  • サッカー日本代表出場数は53試合出場21得点

【三浦 知良】説明不要の伝説センターフォワード「キングカズ」

【三浦 知良】説明不要の伝説センターフォワード「キングカズ」

三浦 知良は、1990年から日本代表に選出され2000年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。1993年「ドーハの悲劇」の経験者であり、1998年フランスW杯では予選では活躍したものの本大会出場メンバーから漏れ、W杯には縁がありませんでした。

三浦 知良は、1990年代の日本代表の絶対的なエースとして活躍し、「キングカズ」と呼ばれました。イタリアのセリエAへ日本人として初めて移籍し日本人初ゴールを決めたり、2019年現在50歳を超えても令和の時代も駆け抜けたいと話しており、現役を続けているレジェンドとして知られています。

三浦 知良といえばシザーズ!

三浦 知良の最大の魅力は、巧みなフェイント、そしてシザーズでディフェンダーを抜き去るドリブルです。

Jリーグや代表ではセンターフォワードの2トップの一角として活躍しましたが、プレイスタイルとしては、ウィングのようにドリブルでサイドを駆け上がり、中へ切れ込んでゴールを量産しました。

進化する三浦 知良のプレースタイル

三浦 知良の全盛期はドリブルの他にも、様々な魅力がありました。特にキック精度は、フリーキックやコーナーキックをけるほどレベルが高く、しかも左右両足で高いキック精度を誇りました。

しかし年齢を重ねるとディフェンダーとの読み合いしたり、ミドルシュートを放ったりなど、ドリブルは徐々に封印し、純粋なストライカーへプレイスタイルを変貌させました。

三浦 知良は、適応能力が高く、自らのプレイスタイルを進化させていきました。

三浦 知良は何と言っても華がある!

三浦 知良は数々の記録を残したり、50歳を超えて現役を続けたり、様々な記録を残しています。しかし三浦 知良はピッチ外でもすごいのです。奇抜なファッションだったり、スポーツ選手の中で1994年高額納税者トップになったり、とにかく話題がつきませんでした。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】三浦 知良のすごいところ
  • フェイント・シザースで華があるドリブルが魅力のセンターフォワード
  • 年齢を重ねプレイスタイルを進化させ、50歳を超えてなお現役のレジェンド
  • サッカー日本代表出場数は89試合出場55得点

【釜本 邦茂】日本歴代最高の結果を残したセンターフォワード

【釜本 邦茂】日本歴代最高の結果を残したセンターフォワード

釜本 邦茂は、1964年から日本代表に選出され1977年まで、サッカー日本代表のセンターフォワードとして活躍しました。1968年メキシコシティオリンピックで、銅メダル獲得に貢献したフォワードとして知られています。

釜本 邦茂は、国際Aマッチ76試合に出場し75得点(集計方法は日本サッカー協会を参照)し、日本最多得点の記録保持者です。1試合で1得点を記録する釜本 邦茂の得点率は驚異的で、日本サッカー史においてレジェンド的な存在と言えるでしょう。

釜本 邦茂のシュートは正確かつ強烈

釜本 邦茂の最大の魅力は、強烈なシュート力、そしてシュート精度です。

釜本 邦茂は、生粋のストライカータイプで、どこからでもシュートを狙うエゴイストとして知られました。スピードが速く裏へ抜け出してゴールを決めたり、空中戦も強くヘディングでのゴールも多く記録しました。

ボールコントロールに無駄が一切なく、シュートに行くまでの動作がとても綺麗で現代のプレイヤーと比べても劣らない超一流のセンターフォワードこそが、釜本 邦茂と言えるでしょう。

  • 【サッカー日本代表 センターフォワード】釜本 邦茂のすごいところ
  • シュート力、シュート精度が高く、どこからでもシュートを狙うストライカー
  • 日本代表最多得点の記録保持者で日本サッカー界のレジェンドと言えるセンターフォワード
  • サッカー日本代表出場数は76試合出場75得点

『サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?』のまとめ

いかがでしたか。センターフォワードには、多くのタイプが存在します。得点力に特化したエゴイストのストライカータイプ、ポストプレーでチームに貢献するタイプ、前線から守備に貢献するタイプ。しかしフォワードの真ん中のポジションであるため、やはり得点は必須で求められるポジションと言えるかもしれませんね。

皆さんの考えるサッカー日本代表で歴代最強・最高のセンターフォワード(CF)はだれでしょうか。

それでは最後に気になる人気投票ランキングの発表です!

サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票!のアンケート

大迫 勇也

岡崎 慎司

大久保 嘉人

高原 直泰

鈴木 隆行

城 彰二

中山 雅史

三浦 知良

釜本 邦茂

アンケートまだまだ募集しています!皆さんのご意見も是非教えてください。

サッカー日本代表で歴代最強「センターフォワード」は誰?CF人気投票!のアンケート

大迫 勇也

岡崎 慎司

大久保 嘉人

高原 直泰

鈴木 隆行

城 彰二

中山 雅史

三浦 知良

釜本 邦茂

コメントを投稿する

投稿されたコメント

コメントはありません。

おすすめの記事

ジャンルからさがす